【世界初】無農薬クラフトラム酒がメタバース飲み会向けに登場!人気アバター「メリノ」とのアバターコラボレーション数量限定ボトルを2021年12月1日(水)から販売開始

atpress
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
クリエイター支援事業を運営する外神田商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:喜田 一成)がLAODI(ラオディ/輸入販売元:株式会社シィクリエイティブインターナショナル)とコラボレーションしたボトル「LAODI シュガーケーン マリアージュラム MERINO EDITION」を2021年12月1日(水)に特設ページにて限定240本発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/274192/LL_img_274192_1.jpg
LAODI x MERINO コラボレーション限定ボトル

■20代に蒸留酒の美味しさをVR飲酒で広めたい!
世界最大のメタバースSNS「VRChat」では、飲み屋街やバーを再現した世界がユーザーによって多数製作され、毎日世界中の人々が24時間飲み会を開催しています。
日常的にVRで生活している外神田商事の喜田代表取締役が「VR飲酒」という文化に触れていく中で、「コンビニで買った蒸留酒やワインが美味しくなかった。缶チューハイしか飲まない。」という20代のお酒体験を聞いたことをきっかけに、「蒸留酒の美味しさを広めたい」との思いから、LAODIとのコラボレーションが決定いたしました。
甘めのお酒に飲み慣れている若い世代にも、飲みやすい蒸留酒として喜田代表自身がオススメする「LAODI シュガーケーン マリアージュラム」をメタバース飲み会での「はじめの1本」に選んでもらい、ラム酒を身近に楽しんでもらうプロジェクト。


■アバターコラボレーションボトルがリアルとVRの両方に登場
メタバースで人気のアバター「メリノ」とコラボレーション。作者であるぽんでろ氏がラベルを新規に描き下ろしました。
また、VRChatで利用できるボトルとグラスのアセットを無料で配布いたします。
リアルでLAODIを飲みながら、VRでもLAODIを楽しむことができます。


■LAODI シュガーケーン マリアージュラムの選定理由
カラメルのようなビターさ、そして「さとうきび100%」の甘さを楽しむ 2018年に香港で開催された国際的品評会で銀賞受賞。カラメルのようなビターさもありながら、黒糖のような深いコクのある甘さは、ついホッとしてしまう味わいのラム酒です。
世界3%しかない非常に手間のかかる製法でつくられた希少なラム酒に、無農薬さとうきびを生のまま漬け込むことで甘さを最大限まで抽出しました。
LAODI シュガーケーン マリアージュラムならではの牛乳と1:1割って楽しむ「大人のミルクラテ」は濃厚な甘さが特徴で、羊がモデルの女の子であるメリノとのイメージにも合致するお酒です。

【商品概要】
商品名:LAODI シュガーケーン マリアージュラム MERINO EDITION(リキュール)
内容量:750ml
アルコール度数:25%
販売価格 :6,500円(税込・送料込み)
限定ボトル予約サイト : https://laodimerino.booth.pm/items/3223187
LAODI公式オンラインショップ: https://www.laodijp.com/


【外神田商事株式会社】
「作家と共に歩む」という経営理念の下、漫画家やイラストレーター、同人作家といったクリエイターの支援サービスを展開。
代表取締役の喜田 一成氏は、ハンドルネーム「なるがみ」としてサブカルチャー業界で広く知られており、2014年に3Dモデル投稿サービス「ニコニ立体」を開発した他、2018年には国内のクリエイターに対して世界中のファンが作品をリクエストすることができるコミッションサービス「Skeb」を個人で開発し、2021年10月時点で総登録者数150万人を超える世界最大級のコミッションサービスとなる。外神田商事は、2019年よりアバターを製作する3Dモデラーの支援事業を展開。


【LAODI(ラオディ)】
2006年創業の東南アジア・ラオスで製造されるクラフトラム酒ブランド。日本人醸造家・井上育三氏を中心に、無農薬さとうきびを原料に世界3%しかない希少な製法でラム酒づくり。ラオス唯一の国際的蒸留酒ブランドであり、地域に根付く高付加価値産業モデル。2018年より3年連続で国際的コンペティションで受賞し、2020年にはロンドンのコンクールで金賞に輝いた。


【会社概要】
株式会社シィクリエイティブインターナショナル (LAODI / 輸入販売元)
所在地: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-6-9-4F
TEL : 03-6427-6611
FAX : 03-6805-0169
MAIL : info@ccinter.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
タイトルとURLをコピーしました