【無償 Webサイト脆弱性診断キャンペーン】を期間限定で実施。セキュリティリスクを把握し、急増するサイバー攻撃に備える。

newscast
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

DigiCert(デジサート)(本社:アメリカ・ユタ州)の日本の正規代理店としてデジタル証明書ソリューションを提供する 株式会社サイバービジョンホスティング(以下 CVH、本社: 神奈川県横浜市、代表取締役:古木 一行)は、急増するサイバー攻撃への初めの対策として、【無償 Webサイト脆弱性診断キャンペーン】を実施し、企業のセキュリティ対策をご支援致します。


画像 : https://newscast.jp/attachments/w9oGGc5WbbYOP5UzfgTO.png


お申込み方法


下記お問合せフォームか、「お申込みはこちら」ボタンから、
必要情報をご入力頂き、お問合せ内容欄に脆弱性診断を希望されるウェブサイトURLをご入力の上、お申込みください。

■お問合せフォーム
https://bk.rms.ne.jp/contact/


お申込みはこちら : https://bk.rms.ne.jp/contact/


サイバー攻撃の爆発的増加


新型コロナウイルスにより生活様式が変化し、テレワーク、Web会議が主流となり、インターネットトラフィック(通信料)とインターネット利用者が大きく増加しました。
これにより、サイバー攻撃も世界的に激増。2020年は、日本国内のみで被害額が220億円、個人情報漏洩件数は2,500万件を超えるという統計も出ています。

CMSをはじめ、Webサーバに対する攻撃は激化しており、Webサイトにおける脆弱性は企業にとって大きなリスクとなっています。
脆弱性が放置されている事で、悪意ある第三者の攻撃を許し、不正アクセスによる個人情報や機密情報の漏洩、パソコンのウイルス感染など、深刻な事態を招く事になります。
適切な対応を取るためには、脆弱性・セキュリティリスクの状況を正確に把握し、優先順位を付けて対策を行っていく事が重要です。

私たちCVHは、サーバー証明書を初め企業のインフラ構築・セキュリティ対策を行って来た知見を活かし、急増するサイバー攻撃への対策に寄与するため、企業のWebサイトにおけるサーバやソフトウェアの脆弱性を無償で診断します。
全世界でのWebサイト診断実績4,500万件、アプリ検査実績58万件を誇る診断ツールの簡易版を使用し、診断結果のレポート・報告書も無償でご提供いたします。

また、ご希望に応じて、各種脆弱性の専門知識や経験を有するスタッフによる、より詳細な調査・対処判断・適切な処置のご提案も可能です。
まずはこの機会に、無償脆弱性診断サービスをご利用いただき、貴社や貴社お客様のセキュリティ対策にお役立てください。

※キャンペーン期間
2021/9/30(木)まで


お申込み方法


下記お問合せフォームか、「お申込みはこちら」ボタンから、
必要情報をご入力頂き、お問合せ内容欄に脆弱性診断を希望されるウェブサイトURLをご入力の上、お申込みください。

■お問合せフォーム
https://bk.rms.ne.jp/contact/


お申込みはこちら : https://bk.rms.ne.jp/contact/


───────────────────────────────────
■会社概要
社名   : 株式会社サイバービジョンホスティング
所在地  : 神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-12 共立新横浜ビル5階
設立   : 2009年07月
代表   : 代表取締役 古木 一行
事業者番号: 一般第二種電気通信事業者 総務省届出番号 A-21-10690
親会社  : 株式会社ソフィアホールディングス(JASDAQ:6942)

■本件に関するお問合せ先:
リスクマネジメントソリューション(RMS)事業部 
TEL :045-548-4656
E-MAIL:info@rms.ne.jp
───────────────────────────────────


【無償】Webサイト脆弱性診断キャンペーン(レポート付)のお知らせ【CVH/RMS】 - BIMI・VMCメールセキュリティ・ブランディング ブランドキーパー : https://bk.rms.ne.jp/20210907-html/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST
タイトルとURLをコピーしました