タピオカミルクティー発祥の台湾カフェ「春水堂」 10/1(金) フレッシュな国産フルーツとこだわりのお茶のフルーツティー第3弾「果肉茶 梨鉄観音」

atpress
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

株式会社オアシスティーラウンジ(東京都港区、代表取締役 木川瑞季)が運営する革新的アレンジティーと台湾茶食のカフェ「春水堂(チュンスイタン)」は、2021年10月1日(金)から10月31日(日)の一か月間、旬の国産フルーツと高品質な茶葉から淹れたてのお茶で作るフルーツティー「果肉茶」の第3弾となる「果肉茶 梨鉄観音」を新発売いたします。フレッシュな和梨を贅沢に使用したフルーツティーです。


画像 : https://newscast.jp/attachments/7p1mll6dlF2rzhXPU9Se.jpg
「果肉茶 梨鉄観音」


▼旬の国産フルーツを贅沢使用したフルーツティー


「春水堂」は1983年に台湾で創業した台湾カフェです。タピオカミルクティー発祥の店として人気を博し、台湾全土で50店舗以上を展開しております。2013年に春水堂初の海外展開となる日本の代官山店をオープン以来、様々な茶葉を使用し品質にこだわった上質なドリンクやスイーツで「タピオカドリンク」や「台湾スイーツ」のブームを牽引してまいりました。
今年6月に新登場した「果肉茶」シリーズは、春水堂が大事にしてきた無添加・香料不使用の高品質な茶葉で淹れたお茶を更に多くの方に楽しんでいただくことを目的に創ったフルーツティーです。国産のフルーツを一番おいしい旬の時期に仕入れ、フレッシュなままお茶とアレンジいたします。フルーツは加工や冷凍品を使用しないため、シリーズそれぞれの販売期間は短いですが、旬だからこその季節の味をお楽しみいただけます。仕入れが追い付かず売り切れが続出するほどのスタートを切った第1弾メロンと第2弾スイカに続く第3弾は梨を使用いたします。
「果肉茶 梨鉄観音」は、鉄観音と梨のフレッシュ果汁、きび砂糖シロップを合わせたフルーツティーにホイップクリームと果実のトッピングで仕上げております。飲むたびに広がる鉄観音の香ばしさと梨のほどよい酸味に、みずみずしい果肉のシャキシャキとした食感が特徴です。お茶の深みと果実のまろやかさがバランス良く、お食事やスイーツにも合わせてお飲みいただける秋らしいフルーツティーです。


◆商品概要


画像 : https://newscast.jp/attachments/hW2cvJzddrMGLPR4gYXN.jpg
「果肉茶 梨鉄観音」


商品名 : 『果肉茶 梨鉄観音』800円(税込) 
発売日    : 10月1日(金)~10月31日(日)
販売店舗 : 全国19店舗にて販売


▼こだわりのアレンジティーや台湾フードが勢揃い


春水堂の茶葉は無添加・香料不使用、ドリンクは認定を受けた『お茶マイスター』のみが作ることができます。注文ごとに淹れるドリンクは、フレッシュで自然な素材の美味しさが堪能できます。香り高いお茶ともちもちのタピオカのハーモニーが絶妙な『タピオカミルクティー』のほか、鉄観音ラテやタピオカ抹茶ミルクなど50種類以上のアレンジティー、台湾スイーツの『豆花(トウファ)』、ローカルフード『牛肉麺』などの台湾ヌードル・点心が勢揃いしており、ランチやディナーもお楽しみいただけます。


【春水堂(チュンスイタン)】とは


画像 : https://newscast.jp/attachments/x70PRx4SIsdFTkveIitP.png
台湾カフェ「春水堂」


タピオカブームの火付け役とも言われる春水堂は台湾・台中で1983年に創業した台湾カフェ。時代に合わせた革新的なお茶の飲み方を開発する中、伝統のホットティーをアイススイートティーとして広く定着させたほか、台湾ローカルスイーツの「タピオカミルクティー」発祥の店として人気を博し、台湾全土で50店舗以上を展開する国民的人気カフェ。2013年に東京・代官山へ日本初出店した際には3時間待ちの行列ができる店となり、ヘルシーで素材感たっぷりのアレンジティーやスイーツで“台湾スイーツブーム”を巻き起こしました。革新的アレンジティーと台湾著食のカフェとして、現在東京、大阪、福岡など全国に19店舗を展開中。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
タイトルとURLをコピーしました