デザインスタジオ「IN FOCUS」がアートやカルチャーに特化したクリエイティブスタジオ『CONTRAST』を代々木八幡に2022年1月14日(金)開設

atpress
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
デザインスタジオ「IN FOCUS」(運営:インフォーカス株式会社)は、アートやカルチャーに特化したクリエイティブスタジオ『CONTRAST』を2022年1月14日(金)、東京・富ヶ谷に開設いたします。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/292975/LL_img_292975_1.jpg
ファサード(1)

■概要
2022年1月14日(金)、東京・富ヶ谷にクリエイティブスタジオ「CONTRAST(コントラスト)」が誕生します。
築45年の躯体をベースとした内装は「再構築」をコンセプトに、1Fはコミュニケーションの始点となる「Lounge」と、作家がレジデンスとして制作活動を行う「Studio」、地下は表現の場としての「Gallery」という3つの空間で構成されています。

「CONTRAST」は「多様なデジタル表現を交差することにより新しい視点を提案する」をテーマに、2019年には“インターネット界のアカデミー賞”と評される賞「The Webby Awards」にてWebby Honoreeを受賞した「IN FOCUS(インフォーカス)」によって運営されます。

創業10周年を来期に見据え原点に戻り、クリエイターに寄り添ったスペースを設けました。
「CONTRAST」は自社のクリエイティブスペースとしてだけでなく、一般にも広く開放し、枠に囚われず実験的、かつ利用者によって継続的に再構築されていく空間を目指します。
多くの表現に焦点を当て、それらを生み出すクリエイター達と出会い、その姿勢を知ることは私たちに「CONTRAST=対比」の重要性を気づかせてくれるでしょう。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/292975/LL_img_292975_3.jpg
Gallery(1)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/292975/LL_img_292975_6.jpg
Lounge
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/292975/LL_img_292975_8.jpg
Studio
■オープニングイベント
CONTRASTは1月14日(金)、15日(土)、16日(日)の3日間、オープンスタジオを開催します。
Studioでは2月にGallery COMMONで個展を開催予定のアーティスト、Ichi Tashiroが制作中の作品や作業風景をご覧いただけます。
Galleryでは1月8日(土)より、Yutaka Kikutake Galleryで個展を開催中のNorimichi Hirakawaが映像データの色と動きと形を6次元空間で変換する映像インスタレーションを公開します。

CONTRAST OPEN STUDIO Vo1『Default』
会期 : 2022年1月14日(金) 18:00ー21:00(オープニングイベント)
2022年1月15日(土)/16日(日) 12:00ー19:00
所在地: CONTRAST(〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-49-4)
HP : https://contrast-tokyo.com/

※どなたでもご入場いただけます。

ARTIST_
Ichi Tashiro
Norimichi Hirakawa

DJ_
Kazuki Sekiyama (IN FOCUS)
msms (IN FOCUS)
Yohsuke Watanabe (IN FOCUS)
※1月14日(金)のみ


■プロフィール
Ichi Tashiro
1984年生まれ。幼い頃からスクラップブックを作ることに夢中だったTashiroは、漫画や雑誌の切り抜きを集めることが少年時代の癒しでもあった。また、厳しい家庭環境で自分の世界観を作り上げるための力となり、「脳と想像力を現在の息苦しさから解放する」ことを可能にした。
18歳のときに2、3枚の洋服と画材が入ったリュックだけを持ってニューヨークに移住し、独学で美術を学び、路上で作品を売ることからキャリアをスタートさせた。新聞や雑誌の切れ端をゴミ箱から拾い、今では代表的な美学となっているコラージュ作品を制作し始めた。5年間ニューヨークのアートシーンで活躍した後、香港に拠点を移し9年間アジアとヨーロッパで積極的に展覧会とアートフェアで出展し存在感を確立。現在は東京に拠点を移して活動をしている。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/292975/LL_img_292975_5.jpg
Ichi Tashiro

Norimichi Hirakawa
1982年生まれ。もっとも原始的なテクノロジーとして計算に注目し、コンピュータプログラミングによる数理的処理そのものや、その結果を用いたインスタレーションを中心に、2005年から作品を発表。
2016年、カブリ数物連携宇宙研究機構のレジデンスで作品「datum」シリーズの制作に着手、豊田市美術館、札幌国際芸術祭プレイベントなどで発表したのち、17年、チリの標高約5000mに位置するアルマ望遠鏡のレジデンスを経て、六本木クロッシング2019などで最新バージョンを発表。
また池田 亮司、三上 晴子らの作品制作への参加、ARTSATプロジェクトのアーティスティックディレクション等も行う。2019年より札幌を拠点に活動。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/292975/LL_img_292975_7.jpg
Norimichi Hirakawa


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
タイトルとURLをコピーしました