パワーエレクトロニクス市場は、2030年までに589億米ドルに成長し、年平均成長率(CAGR)は4.8%を記録すると予測される

newscast
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

画像 : https://newscast.jp/attachments/pQlqQMPVNOKIIIH7uC08.png


2021年の世界のパワーエレクトロニクス市場規模は、381億米ドルでした。世界のパワーエレクトロニクス市場は、2022年から2030年までの予測期間において、年平均成長率(CAGR)4.8%を記録し、2030年には589億米ドルに成長すると予測されます。

パワーエレクトロニクスは、電気自動車セグメントでその用途を見出します。パワーエレクトロニクスは、電気自動車に不可欠な電力変換において、コンパクトで高効率なソリューションを提供します。パワーエレクトロニクスは、コンパクトかつ頑丈な方法で電気を供給源から負荷に送ります。このガジェットは、ダイオードとトランジスタを使用して、電力をある形態から別の形態に転送することを制御します。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol426


COVID-19影響度分析


COVID-19の大流行は、世界的なサプライチェーンの混乱と市場の貿易減少により、パワーエレクトロニクス市場にとって好ましくないものであった。さらに、製造活動における原材料、部品、労働者の不足が市場全体に悪影響を及ぼした。

市場に影響を与える要因

再生可能エネルギー分野でパワーエレクトロニクス技術の採用が進んでいることが、世界のパワーエレクトロニクス市場の成長を牽引しています。また、ユーティリティ・アプリケーションにおけるパワーエレクトロニクス・デバイスの普及率の上昇と、エレクトロニクスにおける高電力密度への要求の高まりが、市場の成長を後押しするものと思われます。

高性能、優れた電気的安定性、エネルギー消費の最適化など、パワーエレクトロニクス・デバイスの利点は、さまざまな業種での採用を急増させるでしょう。

電気自動車分野でのパワーエレクトロニクスの有益なアプリケーションは、今後数年間で市場の成長を加速させるでしょう。電気自動車は、公害の拡大や燃料価格の上昇により、急速に普及が進んでいます。また、EV分野の潜在的な広がりは、予測期間中にエネルギー効率の高いバッテリー駆動のポータブルデバイスの成長を促進するでしょう。

複雑な統合プロセスがパワーエレクトロニクスの世界市場の成長を阻害する可能性があります。

パワーエレクトロニクス業界における開発およびパートナーシップの増加は、市場にとって有益なものとなるでしょう。東芝は、炭化ケイ素(SiC)MOSFETモジュール「MG800FXF2YMS3」を2021年に発売しました。

地域別分析

パワーエレクトロニクスの世界市場では、北米が優位に立つと予測されます。同市場の成長の背景には、5Gインフラの強固な整備、産業オートメーションの増加、同地域における充電ステーション設置の取り組みが活発化していることが挙げられます。

アジア太平洋地域のパワーエレクトロニクス市場は、最も成長率の高い地域市場として浮上すると予測されます。この成長は、日本、中国、韓国などの新興国における家電、ICT、産業、自動車分野の存在感の高まりに起因するものです。

電力需要の増加や再生可能エネルギーインフラを促進する政府の施策が、この地域の市場成長に貢献すると考えられます。さらに、東芝、三菱電機、ファーウェイ、富士電機、BYDなどの業界リーダーの存在が、市場の成長を後押しします。


競合他社


NXPセミコンダクターズ
株式会社東芝
ルネサスエレクトロニクス株式会社
テキサス・インスツルメンツ・インコーポレイテッド
富士電機株式会社
インフィニオン・テクノロジーズAG
ヴィッセイ・インターテクノロジー株式会社
三菱電機株式会社
STMicroelectronics
ABB
その他有力企業


市場細分化


パワーエレクトロニクスの世界市場は、アプリケーション、エンドユーザー、材料、デバイスの種類、地域によって区分されます。

アプリケーション別

電源管理
UPS
再生可能エネルギー
その他

エンドユーザー別

テレコミュニケーション
産業用機器
車載用
民生用電子機器
軍事・防衛
エネルギー・電力
その他

材料別

炭化ケイ素(SiC)
窒化ガリウム(GaN)
サファイア
その他

デバイスタイプ別

パワーディスクリート
ダイオード
トランジスター
サイリスタ
パワーモジュール
インテリジェントパワーモジュール
パワーインテグレートモジュール
パワーIC
パワーマネジメント集積回路(PMIC)
特定用途向け集積回路(ASIC)
サイリスタ
パワーモジュール
インテリジェントパワーモジュール
電力集積モジュール
パワーIC
パワーマネージメントIC
特定用途向けIC

地域別

北アメリカ
米国
カナダ
メキシコ
ヨーロッパ
西ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西ヨーロッパ地域
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋地域
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
アセアン
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
UAE
サウジアラビア
南アフリカ共和国
MEAの残りの部分
南米
ブラジル
アルゼンチン
その他の南米地域


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol426




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST
タイトルとURLをコピーしました