ピーナッツ売場づくりコンテスト2021 テーマは“Love and be happy”10月2日スタート!

atpress
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
「PEANUTS(ピーナッツ)」の日本国内エージェントである株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ(本社:東京都港区、代表取締役:大竹 健、以降SCP)は、第10回目となる「ピーナッツ売場づくりコンテスト2021」を実施いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/278394/LL_img_278394_1.png
ピーナッツ売場づくりコンテスト2021「Love and be happy」

「ピーナッツ売場づくりコンテスト」は、SCPから提供する共通POPを活用してその年のテーマで設定した「ピーナッツ」グッズ集積売場の写真をさまざまな小売店から募って優秀店舗を表彰します。参加店舗にはご購入キャンペーン用ノベルティの提供も行い、毎年多くの店舗に参加いただいている施策です。

コミック生誕70周年をお祝いした華々しい昨年から趣向を変え、今回のテーマは「Love and be happy」です。赤・ピンク・白をベースにハートがふんだんに散りばめられたアートは「身近にある大切なものや幸せ」をテーマにしており、お客様の身近にある売場に寄り添った施策との相性は抜群です。6種類の店頭POPに加えて、ご購入キャンペーンのノベルティはクリアファイルを用意しております。今年はツイートキャンペーンも同時開催。日本のSNOOPY公式twitterの売場づくりコンテストのツイートをリツイートいただくと、11月にノベルティのシークレット柄を追加いたします。各賞は、グランプリ、準グランプリ、特別賞の3賞7店舗の表彰に加え、ライセンシー特別賞として、4社に賞決定と賞品協賛をしていただきます。


<ピーナッツ売場づくりコンテスト2021>
◇テーマ
「Love and be happy」

◇スケジュール
エントリー締切 :2021年7月31日(土)
実施開始 :2021年10月2日(土)より順次
レポート締切 :2021年11月5日(金)
レポート提出後も売場はご継続いただけます。
一般投票開始 :2021年11月下旬
結果発表 :2022年2月初旬

◇エントリー店舗特典
・オリジナル店頭POP 6種
・ご購入者キャンペーン用ノベルティ/A6クリアファイル4柄×25枚
・オリジナルデザインシート(ダウンロード)

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/278394/LL_img_278394_2.png
エントリー店舗特典

◇入賞賞品
*グランプリ 2店舗
スヌーピーのグリーティング
※新型コロナウイルス対策に応じて、開催期間や代案などご相談させていただく場合がございます。

*準グランプリ 2店舗
ダイカットパネル
「スヌーピーミュージアム」の招待券
「スヌーピーミュージアム」オリジナル商品

*特別賞 3店舗
「スヌーピーミュージアム」の招待券
「スヌーピーミュージアム」オリジナル商品

*ライセンシー特別賞(五十音順) 各賞各1店舗 各社のPEANUTS商品セット
・サンスター文具株式会社賞
・株式会社ゾフ賞
・西川株式会社賞
・株式会社マリモクラフト賞

◇審査方法
*第1次審査:2021年11月中旬
お送りいただいたレポートから弊社にて120店舗を選出します。

*第2次審査:2021年11月下旬~2021年12月中旬
ピーナッツ公式ホームページ Snoopy.co.jp の特設サイトで、120店舗の画像及び店舗情報をご紹介し、一般投票を行い20店舗を選出します。(コンテスト終了後も情報は掲載いたします。)

*最終審査:2022年1月中旬
業界紙の皆様と、「PEANUTS FRIENDS CLUB」(公式ファンクラブ)の会員の方に参加いただき、グランプリ、準グランプリ、特別賞の計7店舗を選出、ライセンシー特別賞はそれぞれ各社代表の方に1店舗ずつ、合計4店舗を選出していただきます。

◇発表
入賞店の10店舗様には1月末に告知、2月の表彰式を経て、特設サイトにて発表、画像及び店舗情報と受賞コメントをご紹介します。

※本コンテストの詳細は予告なく変更になる場合がございますが、ご了承くださいますようお願いいたします。


◇ピーナッツとは
チャールズ M. シュルツ氏が初めて「ピーナッツ」の仲間たちを世の中に紹介したのは、1950年。「ピーナッツ」が7つの新聞紙上でデビューを飾った時でした。それ以来、チャーリー・ブラウン、スヌーピーをはじめとするピーナッツ・ギャングたちは、ポップカルチャーに不滅の足跡を残してきました。2019年11月1日からApple TV+で始まった新シリーズ“Snoopy in Space”をはじめ、「ピーナッツ」のアニメーション作品は、特番や帯番組として、米国ではABCのほか、アニメ専門チャンネルのCartoon Networkやboomerang、カナダではFamily Channel、そして世界規模ではYouTubeのWildBrain Sparkのネットワークなど、主要ネットワークやストリーミングサービスで放送されています。
また、世界中のファンの皆様には、多種多様の商品、アミューズメントパークのアトラクション、文化イベント、ソーシャルメディア、そして伝統的な紙媒体からデジタルまで各種媒体で掲載されている連載コミックなどを通して「ピーナッツ」を楽しんでいただいています。さらに2018年、「ピーナッツ」は、NASAとスペース・アクト・アグリーメントで複数年の提携をしました。このスペース・アクト・アグリーメントは、宇宙探査とSTEMへの情熱を啓発するよう次世代の子供たちに向けてデザインされたプログラムです。「ピーナッツ」のキャラクターおよび関連する知的財産権は、WildBrainが41%、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが39%、チャールズ M.シュルツ氏のファミリーが20%を保有しています。
日本では株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツがエージェントとして、ライセンスビジネスを展開しています。

◇関連URL
・日本のスヌーピー公式サイト : http://www.snoopy.co.jp/
・日本のスヌーピー公式 Facebookページ : https://www.facebook.com/SnoopyJapan
・日本のスヌーピー公式 Twitterアカウント: https://twitter.com/snoopyjapan

◇ご掲載に関してのお願い
・ご掲載いただく際は、事前に原稿を確認させていただきますようお願いいたします。
・また、当社からお送りする画像をご利用の際は、必ず下記クレジットを表記してください。
(C) 2021 Peanuts Worldwide LLC (短縮形 (C) 2021 Peanuts)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
タイトルとURLをコピーしました