フロスト&サリバン、調査レポートを発表: 「セキュリティの必要性とリモートワークの拡大が、アジア太平洋地域のネットワーク セキュリティ市場を成長させる」

newscast
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「セキュリティの必要性とリモートワークの拡大が、アジア太平洋地域のネットワークセキュリティ市場を成長させる」について調査レポートを発表いたしました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/g1WW228jB1VrE4WmlIAa.jpg


フロスト&サリバンの、アジア太平洋地域(APAC)のネットワークセキュリティ(NWS)市場に関する最近の分析によると、リモートワークの受け入れが進み、クラウド、リモートワークのための仕事場、協業ツール、セキュリティの導入が拡大しています。パンデミックによる緊急的なリモートワークの導入が、遠隔で就業している従業員を保護するため、セキュリティ管理システムのアップグレードへの投資をもたらしています。さらに、重要インフラや政府機関に対する非常に高度化したサイバー攻撃(組織化されたもの、または他国政府が支援しているもの)の増加により、攻撃を受けている地域の組織や企業は、脅威の検知および対応能力を強化するためにサイバーセキュリティへの投資を拡大しています。その結果、この活気のある市場の規模は、2020年の51.2億ドルから2025年までに73.2億ドルへと成長、年平均成長率は7.4%に達すると予測されます。
「テクノロジーに関しては、ソフトウェア定義型広域ネットワーク(SD-WAN)および安全なクラウドエッジサービスソリューションの需要が拡大し、そしてネットワークファイヤーウォールが、この予測対象期間を通してNWS市場の成長をけん引する最も大きなセグメントであり続けるでしょう」、フロスト&サリバン、ICTインダストリーアナリストのヴィヴィアン・プアは言います。「同様に、安全なリモートアクセスのセグメントも、在宅ワークの拡大により、高性能かつ高い安全性を持つリモートアクセスのニーズが増加することにより、力強い成長を維持すると予測されます」。

プアは更に言います、「マクロレベルでは、個人情報およびその保護に関する厳しい法令へのコンプライアンスが、特に銀行・金融サービス・保険、政府関連、通信、ヘルスケア、重要インフラに関連するセクターなどの高度に規制されている業界において、市場成長の促進要因の一つであり続けるでしょう」。


企業、組織がサイバーセキュリティ技術への投資を増加させていることにより、NWS市場の企業は以下のような利益をもたらす見込みがあるでしょう:

● 短期的な脅威防護プラットフォーム切り替えの波:多くの大企業では高いパフォーマンスを発揮する、総合的で、自動化された脅威管理プラットフォームへのシステムのアップグレードや交換が進むだろう。
● 安全なリモートアクセスおよびゼロトラストネットワークのアクセスに対する短期的需要:ベンダーは、より良いビジネスの成果とチャネルパートナーのエンゲージメントのため、チャネルパートナー戦略を見直す必要がある。
● 安全なSD-WANの需要の増大:ベンダーは市場啓蒙、顧客の事業目標達成支援のため、地域のチャネルパートナーと緊密に連携すべきである。
● 重要インフラ保護の必要性の増大:業界企業は、サイバー攻撃から重要インフラを守るセキュリティソリューションに注力すべきである。産業制御システムのセキュリティや運用技術(OT)のセキュリティソリューションを含めた、製品/サービスポートフォリオの拡大が必要になるだろう。

アジア太平洋地域におけるネットワークセキュリティの成長機会は、フロスト&サリバンICT部門の最新の調査分析であり、Frost & Sullivan Leadership Councilを通して閲覧可能です。Frost & Sullivan Leadership Councilは、企業がこの不透明な未来で成功するための、継続した成長機会の流れを特定するためご支援します。

原文:https://www.frost.com/news/press-releases/increased-security-needs-and-remote-work-spur-asia-pacific-network-security-market-growth/


画像 : https://newscast.jp/attachments/5tDO57WqHWBMqk0fT0Pj.jpg


フロスト・アンド・サリバンについて


フロスト&サリバンは独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナー。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。


フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社


設立:2014年1月
沿革:2009年3月 日本支社「フロスト&サリバン インターナショナル」設立
2014年1月 日本法人「フロスト&サリバン ジャパン株式会社」設立
代表者:ロビン・ジョフィ(代表取締役)
所在地:〒107-6123 東京都港区赤坂5丁目2番20号 赤坂パークビル23階
URL: https://frost.co.jp/


本リリースに関するお問い合わせ


フロスト・アンド・サリバン株式会社PR事務局(SivanS株式会社内)
担当:Supriti・高谷
Email: press@sivans.jp




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST
タイトルとURLをコピーしました