モバイルバッテリーレンタルサービス「充電GO!」、新たに4種類のコラボバッテリーをリリース~沖縄美ら海水族館・海洋博公園・首里城公園・オリオンビールモデルを、10月5日より本島内ステーションでレンタル開始!~

atpress
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
沖縄発のインターネットベンチャーである琉球インタラクティブ株式会社(本社:沖縄県宜野湾市、代表取締役社長:臼井 隆秀、以下「琉球インタラクティブ」)は、モバイルバッテリーレンタルサービス「充電GO!」のバッテリーとして、沖縄美ら海水族館・海洋博公園・首里城公園(管理運営:(一財)沖縄美ら島財団)・オリオンビールとコラボレーションした4種類の新モデルをリリース。2021年10月5日(火)より、沖縄本島内の充電GO!ステーションにおいてレンタルを開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/277990/LL_img_277990_1.jpg
コラボバッテリー(左より:沖縄美ら海水族館モデル・海洋博公園モデル・首里城公園モデル・オリオンビールモデル)

充電GO!は、“いつでも充電、どこでも充電”をコンセプトにしたモバイルバッテリーのレンタルサービスです。LINEまたは専用のアプリで会員登録をした後は、バッテリーステーションでQRコードを読み取るだけの簡単レンタルで、自由に移動しながら充電をして、終わったら最寄りのステーションに返却できます。

ステーションは、空港やコンビニ、観光施設だけではなく、沖縄のグルメスポットや県内各地の飲食店にも設置されており、離島も含め沖縄県内約500箇所でサービスを提供しています。また2021年2月からは、首里城公園・海洋博公園・沖縄美ら海水族館の各施設内にもステーションを設置しており、訪問客の充電ニーズにも応えてきました。

そしてこの度、沖縄美ら海水族館・海洋博公園・首里城公園・オリオンビールとコラボレーションした4種類のデザインバリエーションを新たにリリース。2021年10月5日より、沖縄本島内の充電GO!ステーションにおいてバッテリーレンタルを開始しました。

沖縄のシンボルとして有名な首里城公園をはじめ、沖縄のメジャー観光地である海洋博公園と沖縄美ら海水族館、さらには沖縄が世界に誇るオリオンビールともコラボすることで、日本のみならず世界中から訪れる人々を広くターゲットに取り込みながら、充電を“単なる作業”にしない仕掛けを取り入れ、サービスとしての沖縄のユニーク性を強めてまいります。

今後も充電GO!は、設置場所の更なる拡大と国内外の様々な充電ニーズを深耕し、より多くの人が気軽にレンタルすることができるよう、積極的にサービス展開してまいります。


■「充電GO!」について
充電GO!は、“いつでも充電、どこでも充電”をコンセプトにしたモバイルバッテリーのレンタルサービスです。LINEまたは専用アプリでQRコードを読み取るだけの簡単レンタルで、ほぼ全てのモバイル機器を充電することができます。返却は別のステーションでも可能で、自由に移動しながら充電をして移動先の最寄りのステーションへ返すことができます。

対応機種: MicroUSB、Lightning、USB Type-Cに対応
料金 : 110円(60分)、220円(24時間)、以降168時間まで1日追加110円※
URL : https://judengo.jp/
※利用時間が168時間を超えた場合は、利用料880円の他に延滞料1,628円が発生します。


■琉球インタラクティブについて
琉球インタラクティブ株式会社は、沖縄発のインターネットベンチャー企業です。「日本を代表するインターネット企業になる」をビジョンに掲げ、マーケティング、クリエイティブ、テクノロジーの3つの強みを活かすことで、インターネットサービス事業や次世代人材育成事業をはじめ、積極的に新規事業を創造し、幅広い分野で事業展開を行っています。

代表取締役社長: 臼井 隆秀
所在地 : 沖縄県宜野湾市大山3丁目11-32
設立年月日 : 2009年2月5日
URL : https://www.ryukyu-i.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
タイトルとURLをコピーしました