リアルグローブ、令和3年度 兵庫県尼崎市防災総合訓練にてHec-Eyeを活用したドローンのリアルタイム中継を実施

newscast
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ドローン等のリアルタイム中継システム「Hec-Eye」を提供する株式会社リアルグローブ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:大畑 貴弘、以下 リアルグローブ)は、11月5日(金)の令和3年度兵庫県尼崎市総合防災訓練へ、株式会社T&T(所在地:兵庫県赤穂市、代表取締役:前田 純子)、一般社団法人ドローン減災士協会(所在地:兵庫県佐用町、代表理事:久保正彦)との連携のもと実施協力を行いました。

防災訓練では、リアルタイムでドローン等からの情報配信を可能にするシステム「Hec-Eye(ヘックアイ)」を活用し、ドローンやスマートフォンから取得される位置情報付のリアルタイム映像を対策本部へ共有することで迅速な被災状況把握を支援しました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/WAfEXpEdpTOsiW4rCana.png


本訓練を経て、現場では「災害時のドローン活用や映像中継の重要性を認識できた。来年度はさらに発展的な訓練を実施して体制構築を目指していきたい。」などといった声をいただきました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/iDaU8fnow8x1MfkfcFWz.jpg


【兵庫県尼崎市総合防災訓練概要】


■ 実施日時:2021年11月5日(金曜日)10:00~12:00

■ 開催場所:尼崎市役所

■ 目的:
南海トラフ地震に備えた災害対応力向上、庁内連携の強化

■ 訓練想定:
南海トラフ地震を想定した、避難誘導、物資輸送、外観調査、市内一円状況調査訓練を実施

■ 実施協力内容:
今回の訓練でリアルグローブは、リアルタイム情報配信システム「Hec-Eye(ヘックアイ)」を用いてドローンおよびスマートフォンの複数デバイスでの中継を実施。リアルタイムな映像中継と位置情報の共有により、本部側での迅速な状況把握を支援しました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/1V7T6BUTi2hjiBHb6xmy.png


【本件に関するお問い合わせ先】


■ 株式会社リアルグローブ Hec-Eye問合窓口
電話:03-6380-9372 メール:pr@realglobe.jp


【リモート情報共有システム「Hec-Eye(ヘックアイ)」について】


「Hec-Eye」はリアルグローブが、EDAC監修のもと開発した、ドローン等からの取得情報を地図上に集約し共有するプラットフォームで、総務省の「平成27年度補正予算IoTサービス創出支援事業」の採択案件を通じて構築されたリファレンスモデル(成果物)を核として開発されたサービスです。救急医療・災害対応分野での活動支援や業務効率化を目的として開発され、現在は鳥獣害対策や観光分野等も含めたより広い分野で活用されています。


画像 : https://newscast.jp/attachments/TDT8AJhfhHW4kIoabBkZ.png


「Best of Japan Drone Award 2019」では、ソフトウェア部門の最優秀賞に選出されました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/erVusJEPhWIP0mqGQzg4.png


Hec-Eyeについての詳細はこちらから
https://hec-eye.realglobe.jp/




【T&Tについて】


社名 :株式会社T&T
代表取締役社長 :前田 純子
URL:https://www.kk-tt.net/


【ドローン減災士協会について】


団体名:一般社団法人ドローン減災士協会
代表理事:久保正彦
URL:https://www.deo-dronegensai.com/


【リアルグローブについて】


社名 :株式会社リアルグローブ
代表取締役社長 :大畑 貴弘
URL:https://realglobe.jp/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST
タイトルとURLをコピーしました