ロングセラー ARCSABER 11を“Reboot” 新フレーム設計採用でコントロール性と威力が向上した バドミントンラケット「ARCSABER(アークセイバー)11 PRO」 2022年3月上旬より発売

newscast
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

画像 : https://newscast.jp/attachments/PimC7ZHdc2t7a8CyAQEv.png
ARCSABER 11 PRO[グレイッシュパール]


ヨネックス株式会社(代表取締役社長:林田 草樹)は、2013年に発売してから9年、多くの方々にご愛用頂いているロングセラー「ARCSABER(アークセイバー)11」を進化させた上級者、選手層向けバドミントンラケット「ARCSABER 11 PR0」を2022年3月上旬より発売いたします。

本製品は新設計・新構造採用により、従来品「ARCSABER 11」の特徴である球持ちと打球感の良さをさらに進化させ、より精密にコースを狙えるコントロール性能を実現しました。

フレームには、球持ちと面安定性を高めるために2種類の新断面形状を採用しています。フレーム上下部は剛性の高い溝ありの断面形状にすることで、面安定性がアップ。スウィートエリアとなるフレームサイドは、しなり、たわみといった断面変位が起きやすいように溝なしの形状を採用し、球持ちが向上。また、ジョイント部には剛性、強度の高い素材「T-アンカー」を使用することで、打球時のブレを抑えます。

フレームトップには、「T-アンカー」を配合した連続グロメット「CONTROL-ASSIST BUMPER(コントロールアシストバンパー)」を搭載し面安定性がアップ。さらに、ゴムのような大きな伸びと素早い戻り性能があるエラストマー素材を用いた「POCKETING BOOSTER(ポケッティングブースター)」を上級者の打球ポイントに合わせて、効果の大きいフレームトップに搭載し、球持ちと球の出が向上しました。

これら技術により、ショットのバラつきが減少。球持ちを高める接触時間、スマッシュの威力がアップし、精密に狙えるコントロール性能とパワーショットを生み出します。

混合ダブルス世界ランキング1位※のサプシリー・タエラッタナチャイ(タイ)が使用予定です。

※2022年1月6日現在。


INNOVATION


1.球持ちと面安定性を高める新フレーム設計「ENHANCED ARCSABER FRAME」


フレーム上下部は剛性の高い溝ありの断面形状にすることで、面安定性がアップ。フレームサイドは溝なしの断面形状を採用し球持ちが向上しました。また、ジョイント部には剛性、強度の高い素材「T-アンカー」を使用することで、打球時のブレを抑えます。


画像 : https://newscast.jp/attachments/D7bBoMHEeIlzLdQUADHE.png


2.「CONTROL-ASSIST BUMPER」、「POCKETING BOOSTER」搭載で面安定性と球持ちが向上


フレームトップには、「T-アンカー」を配合した連続グロメットを搭載し面安定性がアップ。加えて、ゴムのような性能を持つエラストマー素材を使用することで、球持ちが向上しました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/HtrhRZ6wBG2JrubxO0Rb.png


製品概要


画像 : https://newscast.jp/attachments/o34M5l3uR81sxLOQ3BlZ.png


○お客様からのお問い合わせ
ヨネックス株式会社 営業センター 03-3836-1221




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST
タイトルとURLをコピーしました