ワクチン保管・包装市場はCAGR 11%の成長が見込まれる

newscast
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

画像 : https://newscast.jp/attachments/m5dv5h09LOWA0eAvCs5a.png


世界のワクチン保管・包装市場は、2020年から2025年までの予測期間中、CAGR11%以上の健全な成長が見込まれています。医療機関、政府、バイオ医薬品企業によるワクチンの研究開発活動への投資が拡大していることに加え、政府による予防接種意識の向上への投資が増加していることが、市場の成長を促進すると予想されます。例えば、米国政府は2020年から21年にかけて、ワクチン関連の活動に関わるいくつかの公的活動や議題を支援しています。米国政府は毎年、ワクチンの研究開発に数百万ドルを投じ、既存のワクチンの安全性を確認した上で、世界市場へのワクチンの購入・配布を容易にしています。また、各国の政府は、ワクチンの使用に影響を与えるために、教育活動やその他のアウトリーチ活動を行っています。さらに、Covid-19のパンデミックに伴い、ワクチンの保管や輸送の必要性は今後数年で非常に高くなると予想されます。


サンプルレポートの請求はこちら: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC5


ワクチンの製造と保管・包装に関する急速な進歩


医療施設でのワクチンの保管・包装に関する患者のアンメットニーズを満たすために、いくつかの大手企業が多額の研究開発投資を行っています。例えば、WHOによると、世界のジフテリア・破傷風・百日咳(DTP3)ワクチンの接種率は約86.0%でした。また、病気の早期発見・予防に対する理解が深まり、感染症の発生率が高まっていることから、予防ワクチンの需要が高まり、ワクチンの保管・包装がさらに強化されています。また、ユニセフをはじめとする医療機関の多くの取り組みにより、予防薬の使用が増加していることも市場を牽引しています。ユニセフの供給部門と汎米保健機構(PAHO)の回転基金により、各国は医薬品を低価格で調達することができます。ユニセフとPAHOは、100カ国以上を対象に毎年ワクチンを調達しており、これが普及率に影響を与えています。

ワクチンの保管・包装は、ワクチンの寿命を望ましい状態に保ち、劣化を避けるために使用される実験器具です。ワクチンは個々の円筒形のバイアル(それぞれに1回分以上の投与量が入っている)に詰められ、コールドボックスやワクチンキャリアーなどのさらに大きなグループに輸送するために、長方形の内側の容器にまとめられます。ワクチンの保管施設では、摂氏86度から摂氏65度までの様々な温度での保管が可能で、エンドユーザーの要求に応じて様々な容量のものが用意されています。バイオテクノロジー企業、血液銀行、病院・医療研究所、ドラッグストア、その他関連するヘルスケア施設において、ワクチン保管設備は幅広い用途に使用されています。その上、2021年にはCovid-19パンデミックが発生し、ワクチンの保管・輸送の必要性が極めて高くなると予測されています。

バイオ医薬品企業、政府機関、学術機関が直面している、社内での保管・包装能力や専門知識の不足、予算の制約は、この市場の成長を促進すると予想されます。さらに、世界の予防接種率が着実に上昇していることも、ワクチン保管機器市場を牽引しています。例えば、WHOによると、2018年の世界のジフテリア・破傷風・百日咳(DTP3)の推定接種率は約86.0%でした。

Lineage Logistics、Thermo Fischer Scientific、DB Schenker、Cardinal Logistics、McKesson、AmerisourceBergen、DHL、American Biotech Supply、Arctiko A/S、Panasonic Healthcare Co.Ltd、NIPROなどが、世界のワクチン保管・包装市場の調査研究に含まれる重要なプレーヤーです。


セグメント化されています。


機能別展望
保管
保管機器(冷蔵庫、冷凍庫、その他
サービス (倉庫保管、輸送)

パッケージング
包装材料別(ワクチンバッグ、バイアル、アンプル、ダンボール、その他
包装レベル別(一次、二次、三次)


購入に関するお問い合わせ: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC5




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST
タイトルとURLをコピーしました