京都・伊藤久右衛門 監修「伊藤久右衛門 宇治抹茶ドゥーブルショコラ」 全国のセブン‐イレブンにてご予約開始!

atpress
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
江戸後期創業、京都・宇治 伊藤久右衛門(所在地:京都府宇治市、代表取締役:北村 公司)監修のクリスマスケーキ『伊藤久右衛門 宇治抹茶ドゥーブルショコラ』が、全国のセブン‐イレブン各店でご予約承り中です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/279442/LL_img_279442_1.jpg
伊藤久右衛門 宇治抹茶ドゥーブルショコラ


『伊藤久右衛門 宇治抹茶ドゥーブルショコラ』は、『宇治抹茶のフロマージュ~お濃茶仕立て~』『宇治抹茶ヘーゼルショコラ』に続く「セブン‐イレブン×伊藤久右衛門」クリスマスケーキコラボ第三弾。

宇治抹茶スポンジを土台に、宇治抹茶ガトーショコラ、乾燥クレープを砕いて宇治抹茶を和えたフィアンティーヌ、ラズベリーショコラクリームを重ね、宇治抹茶ショコラムースで覆った後、宇治抹茶グラサージュで全体をコーティング。葉っぱ型の宇治抹茶チョコレートとフリーズドライストロベリー、アーモンドダイス、伊藤久右衛門のロゴ入りチョコプレートで和を感じるクリスマスケーキに仕上げました。何層にも重なる宇治抹茶の味わいと甘酸っぱいラズベリーの調和を余すところなくお楽しみいただけます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/279442/LL_img_279442_2.jpg
伊藤久右衛門 宇治抹茶ドゥーブルショコラ 断面

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/279442/LL_img_279442_3.jpg
伊藤久右衛門 宇治抹茶ドゥーブルショコラ パッケージ

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/279442/LL_img_279442_4.jpg
グランシェフ 吉本

今回のスイーツを監修したのは、伊藤久右衛門「宇治菓子工房」をプロデュースするグランシェフ吉本多可人。老舗ホテルで10年間のキャリアを積んだ後、フランスへ留学。大手菓子店での修行などを経て、伊藤久右衛門へ入社。現在は、茶房メニューや「宇治菓子工房」スイーツの開発に携わる。2014年BUKOクリームチーズコンテスト入賞。2015年ノエルアリダスイーツコンテスト優勝。他受賞歴多数。


■商品概要
商品名 :伊藤久右衛門 宇治抹茶ドゥーブルショコラ
販売価格:3,780円(税抜3,500円)
受付期間:12月18日(土)午前10時までの予約で12月20日(月)~23日(木)受取
12月20日(月)午前10時までの予約で12月24日(金)~25日(土)受取
受取店舗:全国のセブン‐イレブン ※数量限定・品切れの場合もございます。


■会社概要
社名 : 株式会社伊藤久右衛門
所在地 : 〒611-0013 京都府宇治市莵道荒槙19-3
代表者 : 代表取締役 北村 公司
創業 : 天保3年
事業内容 : 宇治茶・抹茶スイーツなどの製造販売
TEL : 0774-28-3993
URL : https://www.itohkyuemon.co.jp/corporate/
Twitter : https://twitter.com/itohkyuemon
Facebook : https://www.facebook.com/itohkyuemon
Instagram: https://www.instagram.com/itohkyuemon/


■伊藤久右衛門のあゆみ
江戸後期・天保3年、初代伊藤常右衛門(いとうつねえもん)・瀧蔵が田原村 名村(現宇治田原南)にて茶業を携わったのがはじまりです。その後、二代目伊藤常右衛門・久三郎、三代目伊藤常右衛門・由松、四代目伊藤多吉と代々茶づくりを継承してまいりました。昭和27年、五代目伊藤久三が宇治田原から宇治の地へとうつり、宇治蓮華(現平等院表参道)で宇治茶販売の店舗を構えました。同年、会社設立にあたり、代々受け継いだ伊藤常右衛門の名を拝し、伊藤久三自身の名にある「久」の一文字をとって、社名を「株式会社伊藤久右衛門」といたしました。創業の地である宇治田原では、現在も伊藤家に代々受け継がれる茶園で茶づくりを続けております。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/279442/LL_img_279442_5.jpg
平等院店頭での初荷の写真

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/279442/LL_img_279442_6.jpg
当時の茶工場


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
タイトルとURLをコピーしました