仙台から台湾への震災10年目の感謝を伝える台湾文化交流イベント【Discover Taiwan 2021 in 仙台】サンモール一番町商店街にて2021年10月16日、17日に初開催!

atpress
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
「震災10年目における台湾への感謝」、「台湾の文化発信」や「これからの交流発展」を目的として、【Discover Taiwan 2021 in 仙台】を仙台市特別協力のもと、2021年10月16日、17日にサンモール一番町商店街にて初開催します。

2006年に仙台市と台南市の交流促進協定が締結されてから2021年で15年。宮城県各地においても台湾との友好を築いてきました。東日本大震災後、台湾から被災地への復興支援を機に、仙台のみならず、宮城県各地で更なる交流が深まっていきました。震災10年目の今年、台湾文化の発信を行うことで台湾への感謝と交流の発展を目指します。また、今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止に努め、安全安心なイベント開催を目指し、「まちじゅう台湾」と「おうちで台湾」をテーマとしています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/280205/LL_img_280205_1.jpeg
メインビジュアル

日時 : 2021年10月16日(土)、17日(日)11:00~18:00
会場 : サンモール一番町商店街(仙台市青葉区一番町2-5-5)
※前夜祭:15日(金)19:00~21:00まで
女優、エッセイストの「一青妙氏」と台湾在住作家
「片倉佳史氏」によるオンラインセミナーを開催。
オフライン会場(仙台市青葉区一番町2-5-5 東一中央ビル
4階会議室)も設置しハイブリッド開催とします。
主催 : Discover Taiwan実行委員会
特別協力 : 仙台市
協力 : 宮城県日台親善協会、宮城県台湾同郷会、宮城県台湾婦女会、
台湾留日東北同学会、サンモール一番町商店街振興組合
後援 : 宮城県、公益財団法人仙台観光国際協会、仙台商工会議所、
仙台商工会議所青年部、台南市政府、
一般社団法人東北観光推進機構、
公益財団法人宮城県国際化協会、
台北駐日経済文化代表処、台南市國際文化交流促進會、
大四会町内会、芭蕉の辻まちづくりの会
協賛 : GIANT、藤崎、東北楽天ゴールデンイーグルス、
楽天モンキーズ、仙台空港国際化利用促進協議会、
仙台国際空港、明石台レディースクリニック、
宮城県台湾婦女会、宮城県日台親善協会
公式ウェブサイト: https://discover-taiwan.jp/
公式Facebook : https://www.facebook.com/Discover.Taiwan.Sendai


<メインビジュアル>
台湾に関する本を執筆しているイラストレーター 佐々木千絵氏によるもの。
佐々木氏はイベントに来仙し、似顔絵体験コーナーを担当します。


<体験>コロナ禍でも楽しめる台湾文化を感じる様々な体験コーナーをご用意しています。
〇台湾野球
東北大学留学生による台湾野球案内では、台湾野球や楽天の宋選手のインタビュー動画を紹介するほか、台湾野球の応援体験をした人には楽天モンキーズのキーホルダーをプレゼントします。

〇原住民文化紹介
台湾政府に認められている16の原住民族について紹介します。原住民の衣装や小物などを展示するほか、体験では台湾原住民マップカレンダーを作成できます。

〇その他:中国語&台湾語ミニ講座や台湾夜市ゲーム体験、バーチャル台湾旅行記念写真など


<出店・展示>台湾調味料や台湾デザイン雑貨などの販売のほか、台湾にゆかりのある自治体が参加します。
手作りパイナップルケーキや台湾調味料、雑貨などを販売するほか、台湾留学案内や台湾との交流を行ってきた「南三陸町」や台湾人の地域おこし協力隊が活躍する「利府町」が出店します。

展示は台湾NO.1自転車メーカーGIANTの自転車や、宮城・仙台と台湾の交流の歩みを紹介するパネル展示のほか、日本から送られたワクチンへの感謝を示す展示とマスクのプレゼントを行います。

テーマ1<まちじゅう台湾>
安全安心な屋外型イベントと地域を巻き込んだ新しいイベントの形を目指し、イベントとコラボする仙台市中心部の台湾料理店や台湾関連の商品を扱うお店などをウェブやパンフレットで紹介します。「あゆみBOOKS仙台一番町店」では台湾本特集を店頭にて開催するほか、映画館「フォーラム仙台」では台湾映画祭を開催。「藤崎百貨店」では台湾ハニービールや台湾ウイスキー、肉まんのほか、台南産ドライフルーツなどの販売を行います。

テーマ2<おうちで台湾>
今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止徹底のため、会場での飲食提供は行わない代わりに持ち帰り用の台湾調味料や台湾おやつなどを販売します。また、ウェブサイトにてサブスクで視聴可能な台湾映画を紹介し、家で台湾を楽しんでもらう企画<おうちで台湾>を提案します。


また、仙台市と県民が一体となり開催する本イベントは営利目的ではなく、台湾への感謝を伝えることや交流を主な目的にしており、企業、団体、個人からの寄付やご協賛を募っています。
クラウドファンディングではオリジナルエコバックなどを返礼品としています。
https://readyfor.jp/projects/discover-taiwan


Discover Taiwan実行委員会ではこの先、10年、20年と続く交流イベントを目指して、第一歩を踏み出しました。新型コロナウイルスのため台湾との行き来は現在できませんが、台湾との交流のさらなる発展を目指し、コロナ禍でのイベント開催に挑みます。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
タイトルとURLをコピーしました