傷跡治療の市場規模は2030年に131億米ドルに達すると予測|10.1%|日本郵船

newscast
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

画像 : https://newscast.jp/attachments/n0JfxaVwck5TGK9ZvrE8.png


傷跡治療の世界市場規模は、2020年に121億米ドルでした。傷跡治療の世界市場は、2021年から2030年の予測期間中に年平均成長率(CAGR)10.1%で成長し、2030年には131億米ドルの市場規模に達すると予測されます。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol55


影響を与えている要因


皮膚疾患の増加が傷跡治療市場の成長を促進すると予測されています。白斑、乾癬、湿疹、光老化などは、適切な治療が必要な皮膚疾患です。そのため、このような疾患の増加に伴い、効果的な治療に対する需要も増加すると考えられます。
技術的進歩に対する需要の高まりと、治療の効果に対する意識の高まりが、外科手術の需要を促進します。
可処分所得の増加とパーソナルケアに対する消費者支出の増加は、世界の傷跡治療市場の成長を促進すると予測されます。
医療費の増加は、市場参加者が今後数年間で革新的な戦略や製品を開発するのに役立つでしょう。したがって、市場の成長を促進することになるでしょう。
汚染の拡大は、皮膚疾患の主な原因となっています。世界的な汚染の増加に伴い、市場は大きく成長すると予測されます。
成長しているイノベーションは、視聴者の注目を集めている。その結果、世界の傷跡治療市場は分析期間中に成長するだろう。
治療法の副作用のために、人々は手術方法を避けることがあります。その結果、市場は大幅に減少する可能性があります。
地理的分析

地理的には、皮膚疾患の発生と消費者の意識の高まりにより、北米が傷跡治療市場のトップを占めています。さらに、可処分所得の増加と主要な市場参加者の存在が、収益の増加に寄与していると考えられます。また、この地域では、技術的な進歩や治療法の増加により、治療法の効果に対する視聴者の関心が高まると予想されます。その結果、分析期間中の市場成長に拍車をかけることになるでしょう。

COVID-19インパクト分析

世界の傷跡治療市場は、人との接触を必要とするため、深刻な落ち込みを見せた。COVID-19の感染による恐怖のため、消費者は皮膚科を訪れなくなりました。さらに、クリニックは短期間で施設を閉鎖しました。その結果、傷跡治療市場は収益面で急激に低下しました。さらに、原材料が入手できないことも、市場の成長を鈍化させる要因となりました。輸出入の混乱により、エンドユーザーは製品の供給不足に陥りました。このように、COVID-19のパンデミック期間中は、市場の成長が妨げられました。


市場における競合他社


ホログラム・インク
ソノマ・ファーマシューティカルズ・インク
アビタメディカル株式会社
スミス・アンド・ネフュー Plc
スカーガード・ラボ・エルエルシー
メンリッケ・ヘルス・ケアAB
バウシュ・ヘルス
Merz Pharma GmbH & Co. KGaA
ジョンソン・エンド・ジョンソン
その他の有力企業


市場区分


製品の展望

外用剤
クリーム
ジェル
シリコンシート
その他
レーザー製品
CO2レーザー
染色用レーザー
その他
インジェクター
その他

傷跡のタイプ

萎縮性瘢痕
肥大性瘢痕およびケロイド状瘢痕
拘縮性瘢痕
ストレッチマーク

最終用途

病院
クリニック
小売薬局/Eコマース

地域別展望

北アメリカ
アメリカ
カナダ
メキシコ
ヨーロッパ
西ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西欧諸国
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
ASEAN
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
アラブ首長国連邦
サウジアラビア
南アフリカ共和国
MEAのその他の地域
南米
ブラジル
アルゼンチン
南米のその他の地域


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol55




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST
タイトルとURLをコピーしました