六甲山 冬の風物詩「氷の切り出し」「大寒の日」1月20日(木)10時から開催予定!

atpress
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が六甲山上で運営する「自然体感展望台 六甲枝垂(しだ)れ」では、2022年1月20日(木)に「氷棚(ひょうだな)」にできた天然の氷を切り出し、その氷を夏まで貯蔵するために「氷室(ひむろ)」に運び入れる「氷の切り出し」を行います。今現在、12月下旬の冷え込みの影響で順調に氷が固まっており、開催できる見込みです。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/293304/img_293304_1.jpg
■自然体感展望台 六甲枝垂れ「氷の切り出し」開催概要
【開催日時】
2022年1月20日(木)10時~
※荒天・結氷不良の場合、中止の可能性あり。詳しくは下記の連絡先までお問い合わせください。
【備考】
当日は、六甲枝垂れにご入場のお客様も見学していただけます。
氷を貯蔵する「氷室」は、通常は一般公開しておりませんが、1月20日(木)10~12時に限り、特別公開します。
【入場料】
大人(中学生以上)310円/小人(4歳~小学生)210円

■「氷の切り出し」とは
「氷」は冷蔵庫が広く普及していくまで、大変貴重なものでした。六甲山では、山上の溜め池に厚く張った天然の氷を冬の間に採取・貯蔵し、春から夏にかけて麓まで運び、神戸や大阪の市街地で売っていたという歴史があります。氷を運んでいた道は「アイスロード」という名称で、現在もハイキング道として残っています。
「自然体感展望台 六甲枝垂れ」で行う「氷の切り出し」はこの歴史をヒントに考え出された自然循環の仕組みの一つです。今回行う「氷の切り出し」では、展望台東側に位置する「氷棚(ひょうだな)」で雨水を溜めて天然の氷を作り、チェーンソーを使って切り出します。切り出した氷は、展望台内部にある「氷室(ひむろ)」に貯蔵します。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/293304/img_293304_2.jpg
夏になると氷を貯蔵した「氷室」へ六甲山上に吹く風を取り込み、展望台内部の「風室(ふうしつ)」に循環させ、電力を一切使用せずに自然の力だけで涼を楽しめる「冷風体験」を実施いたします。「氷室」を通った冷たい風は「風室」にある椅子のヒジ置き部分から室内へ取り込まれます。真夏でも風室内は20℃程度に保たれ、ヒノキの香りと共にひんやりと心地良い空間が広がります。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/293304/img_293304_3.jpg

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/293304/img_293304_4.jpg
◆自然体感展望台 六甲枝垂れ 営業概要
【営業時間】
10:00~21:00(20:30受付終了)/無休
※3月3日(木)、4日(金)はメンテナンスのため臨時休業します。
※季節・曜日により終了時間が異なります。詳しくはHPでご確認ください。
Webページ( https://www.rokkosan.com/gt/operation/
【入場料】
大人(中学生以上)310円/小人(4歳~小学生)210円


六甲山ポータルサイト https://www.rokkosan.com

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/1e3ea2702f6ebd5dfc0e963fbdf0e2f8d81da9f1.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
タイトルとURLをコピーしました