助成金のヒカクがコンプライアンスの徹底を宣言

newscast
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

助成金のヒカク(東京都渋谷区)では2022年1月13日、コンプライアンス(法令順守)の徹底を宣言いたします。

法令を遵守しないことの例として、助成金申請に関しては3つの問題点があります。

まずは、不正受給指南行為になります。
不正受給をしますと申請をした企業が受給した助成金を返金、加えて罰則金を支払うことになります。
また、不正受給を指南した助成金のサポート企業も今後サポート出来なくなってしまいます。

次に社会保険労務士の斡旋行為になります。
社会保険労務士は助成金申請の独占業務を持っております。
ただし、助成金のサポート会社が社会保険労務士を直接紹介する行為は社労士法の斡旋規定により禁止されています。

最後に申請書類の代筆行為です。
申請書類に関しては自社の社員もしくは社会保険労務士のみが記載することが可能で、助成金サポート会社が代筆することは禁止されています。

そういった問題点があるので弊社ではコンプライアンスの徹底をし、法律に触れないよう安心・安全にサポートすることが可能となっております。

助成金は予算事業であるため、予算が無くなり次第終了となりますので、早めの申請手続きをおすすめしております。

助成金のヒカクでは、各企業様が受け取れる助成金を随時調査・サポートしておりますので、一度お気軽にお問い合わせいただければと思います。
ご希望の方は下記の問い合わせ先よりお問い合わせくださいませ。

(参考:厚生労働省の公式HP 助成金の概要について)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/index.html


【問い合わせ先】
https://joseikin-hikaku.com//
対象:中小企業の事業主様、個人事業主様
エリア:全国47都道府県
サービス名:助成金のヒカク




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST
タイトルとURLをコピーしました