包装用ナイロンフィルムの価格改定について

newscast
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

グンゼ株式会社(本社:大阪市北区、社長:佐口 敏康)は、プラスチックカンパニーが販売する包装用ナイロンフィルムについて、2021年10月1日出荷分より価格改定を実施することを決定しましたので、お知らせいたします。


1. 背景および理由


昨今、原油価格が上昇し、国産ナフサが上昇するとともにナイロン系、ポリエステル系の原料価格が高騰しております。
このような状況の下、樹脂メーカーからは再三の原料値上げを強く要請されており、原料の安定調達とフィルムの安定供給を維持するため、原料値上げを受け入れざるを得ない状況です。合わせて、物流費、副資材費および設備維持費等の諸経費も上昇しております。
当社としましても、生産合理化など徹底したコスト削減に努めてまいりましたが、自助努力だけでは吸収しきれず、今後も安定したフィルム供給責任を果たしていく上で、価格改定(値上げ)が必要となりました。
つきましては、お客様への安定供給の責任を果たすため、ナイロンフィルム製品の価格改定を行うことといたしました。


2.対象製品の値上げ幅と改定時期


画像 : https://newscast.jp/attachments/B9lOdYtAcD81QWkMQGU3.jpg




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST
タイトルとURLをコピーしました