客船「飛鳥II」 2022年3月商品発表 ~計7コース、12月7日より販売開始~

atpress
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
郵船クルーズ株式会社(本社:横浜市西区、代表取締役社長:坂本 深)は、同社が運航する客船「飛鳥II」(50,444トン)による、2022年3月出発のクルーズ商品計7コースのスケジュールを発表いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/286304/LL_img_286304_1.jpg
飛鳥II(イメージ)

今回発表のクルーズ商品では、横浜と神戸を起点に、洋上で優雅に過ごす2泊3日のクルーズ、寄港地観光も楽しめる3泊4日のクルーズをご用意しています。また、船上でも春の訪れを感じていただけるよう、飛鳥II総料理長による旬の食材をふんだんに使用した「春の日ディナー」や、華やかな昼食「春御膳」をお楽しみください。


■「結航路(ゆいこうろ)」クルーズ
横浜と神戸を起点に3泊4日の日程で2つの港を巡る「結航路(ゆいこうろ)」を3コースご用意いたしました。船上でお食事やエンターテイメントをお楽しみいただいている間に航行し、朝目覚めれば次の港に到着しており、長距離移動の負担が少なく寄港地を存分に観光いただけます。
・3/7発 横浜 結航路 春の四日市・紀州日高クルーズ
・3/16発 横浜 結航路 春の駿河・新宮クルーズ
・3/26発 神戸 結航路 高知・別府春休みクルーズ


■寄港地も船上ライフも満喫
寄港と航海日を1日ずつ含み、観光も船上ライフもどちらもお楽しみいただくことができます。3泊4日のコンパクトな日程にクルーズの醍醐味を凝縮したコースは、初めてご乗船の方にもおすすめです。
・3/13発 春の鳥羽クルーズ
・3/19発 春の連休 四日市クルーズ


■横浜・神戸移動型クルーズ
飛行機や新幹線なら数時間の距離をあえてゆっくりと旅する移動型クルーズ。時間をかけた旅だからこそ、発見できる新たな魅力が広がります。下船後にはお好みで観光をプラスしてお楽しみいただけます。
・3/24発 のんびり春旅 横浜・神戸クルーズ


■A-style クルーズ
週末を利用した2泊3日の無寄港で、洋上の休日をゆったりとお過ごしいただける飛鳥IIのプレミアクルーズです。ヴァイオリニストの古澤 巖さんのステージと、イタリア料理「アルポルト」片岡 護シェフによるディナーをご堪能ください。
・3/11発 A-style クルーズ~春彩~


2022年3月出発クルーズの販売開始は【2021年12月7日(火)午前10時30分】を予定しています。

飛鳥クルーズは、お客様に安心してご乗船いただけますよう、感染症対策(※)に真摯に取り組み、寄港先と連携をしながら、魅力的な船旅をご提供してまいります。

※飛鳥II 新型コロナウイルス感染症対策プラン: https://www.asukacruise.co.jp/coronavirus_information/


■飛鳥II概要
「飛鳥II」は日本船籍最大の客船で、約100日間の世界一周クルーズ、アジア・オセアニア方面へのロングクルーズ、日本の夏祭りを巡るクルーズ、1泊からのショートクルーズなど多岐にわたり展開。全室海側の客室、ゆったりとしたスペースや新設の露天風呂など充実の設備、日本人乗船客の嗜好に合わせた多彩な食事やエンターテイメントが特徴。乗船客1人当たりのスペースや乗組員比率は、日本はもとより世界トップレベルで、世界のクルーズマーケットで愛される美しい船体に、和の心のおもてなしをのせて皆様をお迎えいたします。

船籍 :日本
船籍港(母港):横浜港
総トン数 :50,444トン
全長 :241m
乗客数 :872名
乗組員数 :約490名
客室数 :436室(全室海側)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
タイトルとURLをコピーしました