手軽にWたんぱく質!「筋肉ちくわ マイティ・マッスルバー」9月7日に一般販売開始!~Makuakeで目標率150%達成&予約販売数1,500本を記録~

atpress
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
植物性と動物性のWたんぱく質が手軽にとれる「筋肉ちくわ マイティ・マッスルバー」が、2021年9月7日(火)に矢野商店( https://yanoya.official.ec/ )にて公式販売を開始しました。本製品はクラウドファンディングサービスMakuakeで、100名を超えるサポーターから反響をいただき、総予約販売数1,500本を記録したことを受け、このたび一般発売となりました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/275099/LL_img_275099_1.png
予約販売1,500本売上 筋肉ちくわ

■「筋肉ちくわ マイティ・マッスルバー」の3つのポイント
1.1本でたんぱく質たっぷり16g、筋肉を溺愛する管理栄養士が監修!
2.植物性×動物性のWたんぱく質パワーを手軽に摂取できる新発想“筋肉フード”
3.ちくわの形状に着目した個包装のバータイプで保存も持ち運びもラクラク!
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/275099/LL_img_275099_2.jpg
魚肉と植物のWたんぱく質

■どんな人におすすめのアイテム?
筋肉を育てている方やダイエットで食事が気になるかたはもちろん、ご家庭での食事に取り入れたり、忙しくて食事をとりづらいビジネスパーソンの普段使いにもおすすめです。管理栄養士監修だから実現できた、素材や成分の配合バランス。気になる添加物も極力抑えた「筋肉ちくわ」は、すべての人にとって最大の資本である身体づくりをサポートします。個包装で、保存や持ち運びのしやすさ、食べやすさも考え抜いているから、食べたいときにいつでもどこでも食べられます。外出先で食べるなら、冷凍保存しておいたものをバッグに入れて持ち運べば、外出先でも手軽にプロテインをチャージ!


■「筋肉ちくわ」でこんな悩みも解消!
・手軽で、腹持ちの良いプロテインフードがほしい
・プロテインシェイクやバーは満足感が足りない…噛みごたえや食べた感がほしい
・サラダチキンやささ身も試しつくした…新しいレパートリーがほしい
・保存料や甘味料などの添加物は少ないものがいい
・おいしくて身体にやさしい、新しいタイプの高たんぱくフードがほしい!!


■「筋肉愛×管理栄養士×プロテインフード」=「筋肉ちくわ」でした
管理栄養士自身が、高校時代にトレーニングをしていてもなかなかカラダを大きくできなかったことがきっかけで身体づくりと食事・栄養という観点で勉強を始めました。減量中や増量トレーニング中のたんぱく質を中心とした食事といえば、鶏ささみ、タラ、サーモン、卵、ブロッコリー、アボカド、プロテインシェイク、プロテインバー…など何年も変わらない顔ぶれでバランスも偏りがち。
そこで、筋肉大好きな管理栄養士が監修し、理想的なカラダ作りを徹底的に追求しながら、全く新しいジャンルのプロテインフードの開発プロジェクトの結果、効率的なたんぱく質の摂取をつきつめできあがったのが、スケソウダラとインカインチプロテインを原材料とした動物性×植物性のたっぷりWたんぱくバー「筋肉ちくわ」という新感覚プロテインフードなのです。

“筋肉マニア”の管理栄養士と、昭和43年創業のちくわ屋が力を合わせて誕生した「筋肉ちくわ マイティ・マッスルバー」。1本(約65g)に約16gのたんぱく質と「強大な(マイティ)」「筋肉(マッスル)」を育てるためのバランスを管理栄養士の目線でとことん追求したので、筋肉量を増やすサポートはもちろん、健康的なスタイルアップや日々のたんぱく質補給にも役立ちます。

「筋肉ちくわ」のこだわりはたんぱく質だけではありません。動物性食品に含まれるビタミンやミネラルも補えて、老若男女問わず食べられる、幅広いライフスタイルにフィットするものを提案したかったのです。そこで、長年、食卓で愛用されているちくわという食材に着目し、続けられるための嗜好性や、バーとしての扱いやすさ、食べやすさなど、筋肉を愛する管理栄養士の熱烈な想いと、ちくわ屋として53年間で培った知恵と経験を余すことなく詰め込みました。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/275099/LL_img_275099_4.jpg
老舗ちくわ屋が製造
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/275099/LL_img_275099_5.jpg
筋肉マニアの管理栄養士が監修

■目的に合わせて選べる!高たんぱくな「筋肉ちくわ」、低糖質+オメガ3の「ロカボスマートスティック」
「筋肉ちくわ」はたんぱく質を多く含んでいるのにくらべ、「ロカボスマートスティック」は名前の通り低糖質にこだわった砂糖不使用の焼ちくわです。たんぱく質に加え、日本人に不足しがちなオメガ3系オイル(インカインチオイル)を配合しているので、お魚不足が気になる方におすすめです。普通のちくわより柔らかく、食べやすいと好評で、そのままで美味しいですが、料理の食材としてのアレンジもおすすめです。「ロカボスマートスティック」も絶賛発売中、1本でたんぱく質10.5g、オメガ3系オイル1日分が手軽にとれて、しかも砂糖不使用、保存料、着色料を使ってないので、お子様からお年寄りまで安心してお召し上がりいただけます。

※ロカボ(ローカーボ)とは低糖質なものや糖質が含まれていないもの。多すぎる糖質は血糖値を急激に上げるため、適正な糖質摂取で血糖上昇を抑え健康やダイエットに配慮した食事のためにローカーボフードが注目されています。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/275099/LL_img_275099_3.jpg
筋肉ちくわ マイティ・マッスルバー
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/275099/LL_img_275099_6.jpg
低糖質ロカボスマートスティック

■「筋肉ちくわ」が支持を得た秘密は?
製品としての仕上がりにこだわったことはもちろん、SDGsの観点も取り入れ持続可能な製品の位置づけを目指しています。「筋肉ちくわ」や「ロカボスマートスティック」の原材料であるインカインチプロテインとインカインチオイルは、ペルーアマゾン地帯の持続可能な開発の活動を行っている「NPO法人アルコイリス」の製品を採用しています。フェアトレードで供給された材料を使うことで、発展途上国の持続可能な開発を支援することにつながっています。そんな姿勢が伝わり多くのユーザーの心をひきつけたのです。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/275099/LL_img_275099_7.jpg
フェアトレード インカインチ原料

■SDGs(持続可能な開発目標)との関わりを掲げています
1.貧困をなくそう:ペルーアマゾン地帯とのフェアトレード商品を利用することが現地の経済的支援となる
3.すべての人に健康と福祉を:栄養不良、虚弱を引き起こす原因となるたんぱく質不足を補う製品づくり
8.働きがいも経済成長も:市場から求められる高付加価値の商品開発、販路拡大により企業としての成長も促す
9.産業と技術革新の基盤を作ろう:ペルーアマゾン地帯の商品を日本市場に広げることでグローバル化を促す
12.つくる責任つかう責任:受注生産、予約販売など過剰生産を抑えることで食品ロスを減らす
17.パートナーシップで目標を達成しよう:他業種の知識、専門的知見、技術を持って商品を開発し、パートナーシップを強化する
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/275099/LL_img_275099_8.jpg
SDGsとの関わりを掲げて

将来的には海や陸の豊かさにも貢献できるよう検討しています。
14.海の豊かさを守ろう:持続可能な漁業で獲られた魚を使った製品を製造する
15.陸の豊かさも守ろう:ペルーアマゾンの森林伐採を阻止し、現地の豊かな生態系の保全に関わる


■「筋肉ちくわ」を取り入れたい企業様もぜひご連絡ください
・スポーツジムやダイエットサロンのサポートフードとして
・健康、福祉、介護施設、病院食の食材として
・保育園や学校給食の食材として
・社員の健康を築かう企業様の常備社食として


【監修】
会社名 : 株式会社センケン
所在地 : 香川県高松市多賀町1丁目12-12 1階
代表者 : 岩木博久(管理栄養士)
設立 : 2019年8月27日
企業URL : https://33senken.com/
事業内容: 健康関連機器の販売、コンサルティング、健康支援施設の運営


【製造販売元】
会社名 : 有限会社 矢野商店
所在地 : 香川県高松市瀬戸内町30-75 高松市中央卸市場内
販売サイトURL: https://yanoya.official.ec/
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/275099/LL_img_275099_10.jpg
ちくわ屋 有限会社 矢野商店

【お客様からのお問い合わせ先】
有限会社 矢野商店
TEL:087-862-5633


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
タイトルとURLをコピーしました