抗感染症薬市場、2025年までに年率10%で2,250億ドルに達する見込み

newscast
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

画像 : https://newscast.jp/attachments/kOfMbpE1yulak6QJOpv2.png


抗感染症薬の世界市場は、2020年から2025年までの予測期間中、CAGR10%以上の健全な成長が見込まれています。多剤耐性のある微生物に対して高い有効性と効力を持つ新薬の開発に向けた研究開発が盛んに行われていることが、業界の成長につながります。また、新薬の承認が予測期間中の市場成長を促進すると期待されています。例えば、FDA(米国食品医薬品局)は、HIV-1感染症の治療薬であるギリアド社のDescovyや、成人の慢性C型肝炎ウイルス(HCV)ジェノタイプ1または4の疾患を目指すメルク社のZepatierなどを承認しました。


サンプルレポートの請求はこちら: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=QY38438


各社は最近、軟部組織感染症や急性細菌性皮膚の治療に使用する、FDA承認の改良型抗生物質パネルを発売しました。これらの薬剤には、Sivextro(Tedizolid)、Orbactiv(Oritavancin)、Dalvance(Dalbavancin)、Zevtera(Ceftobiprole)などがあります。有効性の向上による抗感染症薬の普及率の高さが、予測期間における抗感染症薬市場の重要な成長要因となります。

既存の抗感染症剤に対する感染症の増加や抗菌剤耐性の蔓延などの高成長要因が、金額および数量ベースでの消費サイズを押し上げると推定されます。さらに、健康意識の高まり、感染症の診断法の普及、早期診断に伴うリスクの回避なども、成長を後押しする要因の一つと考えられます。抗感染症ウイルス薬は、世界的な気象パターンの変化の中で伝染病が増加し続けているため、力強い成長を遂げています。また、マラリア、チクングニア、シャーガス病などの病気の流行も、今後数年間の抗感染症薬市場の需要を牽引すると予想されます。

世界保健機関(WHO)によると、ベクター媒介性疾患による死亡者数は年間70万人以上に上ります。さらに、この病気は一般的な感染症の17%をも占めています。デング熱の病気が蔓延することで、ほぼ128カ国の約39億人に影響を与えており、毎年1億人近い患者が発生すると推定されています。

さらに、マラリアなどの病気も、毎年、世界的に大規模な予防活動が行われています。メリンダ・ゲイツ財団やビル・ゲイツ財団のような財団は、毎年40万人以上の死亡者を出しているマラリアの予防や影響の軽減に大きな投資を行っています。このような世界的な取り組みが、世界の抗感染症薬の需要を押し上げると予想されます。


抗感染症薬の世界市場のセグメンテーション概要


抗感染症薬市場は、タイプ別、抗菌薬クラス別、投与経路別、流通経路別に分類されています。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

タイプ別展望(抗菌薬、抗ウイルス薬、抗真菌薬
抗菌薬クラス別の展望(セファロスポリン、ペニシリン、フルオロキノロン、マクロライド、カルバペネム、その他
投与経路別(外用薬、経口薬、静注薬、その他
流通チャネル別(病院薬局、小売薬局、専門薬局、e-コマース、その他


キープレイヤーの紹介


ファイザー社、バイエル社、サノフィ社、グラクソ・スミスクライン社、メルク社、アボット社、ノバルティス社、ギリアド・サイエンシズ社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社、アステラス製薬、ブリストル・マイヤーズ・スクイブ社などが、世界の抗感染症薬市場の調査対象となっています。


購入のお問い合わせはこちら: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=QY38438




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST
タイトルとURLをコピーしました