東京都主催 誰にでも優しく、どこへでも行ける東京を目指して 「アクセシブル・ツーリズム推進シンポジウム」を開催します。 基調講演には一般社団法人日本障がい者サッカー連盟会長の北澤豪氏が登壇!

dreamnews
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
東京都は、2022年1月28日(金)、アクセシブル・ツーリズム推進シンポジウムを開催いたします。
 アクセシブル・ツーリズムとは、障害者や高齢者など、移動やコミュニケーションにおける困難さに直面する人々のニーズに応えながら、誰もが旅を楽しめることを目指す取り組みです。
 シンポジウムには観光関連事業者、福祉関連事業者、飲食業界の方々だけでなく一般の方々からもご参加いただき、アクセシブル・ツーリズムの理念が広く広まることを目指します。またウィズコロナ時代の観光需要の再興を見据え、アクセシブル・ツーリズムのメリットやノウハウ等の情報を提供いたします。
 さらに、1月31日(月)よりシンポジウムの講演をアーカイブ配信し、いつでも何度でもご視聴いただくことが可能です。
※参加無料
※情報保障(WEBサイト内:音声読上げ機能あり、講演:手話通訳、字幕などあり)

■アプリDL等の事前準備不要! 自宅にいながら直接アクセス!



 <基調講演> 13:30~14:10
「スポーツの持つ力」
一般社団法人 日本障がい者サッカー連盟会長/
公益財団法人 日本サッカー協会理事 
北澤豪

中学時代は読売サッカークラブ・ジュニアユースに所属。修徳高校卒業後、本田技研工業株式会社に入社。海外へのサッカー留学・日本代表初選出を経て、読売クラブ(現 東京ヴェルディ)で活躍(J1リーグ通算264試合)。日本代表としても多数の国際試合で活躍した(日本代表国際Aマッチ59試合)。03年現役を引退。現在は、日本テレビ系「シューイチ」にレギュラー出演中。人気ゲームソフト、コナミ「ウィニングイレブン」シリーズの解説も務める。また、社会貢献活動にも積極的に取り組み、サッカーを通じて世界の子ども達を支援できる環境作りを目指している。
(公財)日本サッカー協会理事、(公財)日本サッカー協会 フットサル・ビーチサッカー委員長、(一社)日本障がい者サッカー連盟会長、(一社)日本女子サッカーリーグ理事、(一社)日本女子サッカーリーグ理事。



 <パネルディスカッション> 13:30~14:10 
ウィズコロナ時代の観光産業再興とアクセシブル・ツーリズムの未来
「ウィズコロナ時代の観光産業再興とアクセシブル・ツーリズムの未来」をトークテーマに、パネルディスカッションを実施いたします。
モデレーター:川内 美彦
パネリスト :根木 慎志、田中 穂積、井出 泰済



 <ミニセミナー> 
アクセシブル・ツーリズムを様々な観点から紐解いたミニセミナーを公開致します。本セミナーは二部制となっております。



 <オンライン相談コーナー> ※事前予約制

都内事業者を対象にオンライン相談会を実施します。アクセシブル・ツーリズムに関するハード面やソフト面、補助金について等、お気軽にご相談ください。(<開催概要>のURLより特設サイトにお進みいただき、ご予約ください。)
相談例
● アクセシブル・ツーリズムについて、何から始めたら良いかわからない
● 施設のバリアフリー化についてアドバイスがほしい 等
相談員
● 公益財団法人 東京観光財団
● NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会

 <オンライン展示コーナー> ※1月28日~2月28日開催
アクセシブル・ツーリズムに取り組む企業のブースをオンライン上で訪問できます。
動画やパネル、企業情報を閲覧し、直接問い合わせをすることも可能です。
(出展数:15社程度(企業名は特設サイトにて順次公開予定))

 <開催概要> 
開催日時:2022年1月28日(金)
1月31日(月)から2月28日(月)までアーカイブ配信
参加はこちら
https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.lg.jp/tourism/accessible-tourism-tokyo/jp/





配信元企業:東京都
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ
タイトルとURLをコピーしました