統合失調症治療薬市場は、2030年までに複合年間成長率(CAGR)2.7%を記録し、98億米ドルに成長すると予測される

newscast
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

画像 : https://newscast.jp/attachments/LyE2lGDhe7oMrmO4YjAH.png


2021年の統合失調症治療薬の世界市場規模は79億米ドルであった。統合失調症治療薬の世界市場は、2022年から2030年までの予測期間において年平均成長率(CAGR)2.7%を記録し、2030年には98億米ドルに成長すると予測されます。

統合失調症は、現実を誤認し、頻繁に想像で構築された仮想世界で生活する精神疾患です。幻覚を見たり、ありもしないことを聞いたりすることが頻繁にあります。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol417


市場に影響を与える要因


統合失調症の患者数の増加が、世界の統合失調症治療薬市場の成長を牽引しています。世界保健機関は、2013年に約5,000万人が統合失調症に罹患したと推定しています。その数は急速に増加しており、効果的な薬剤への需要が高まっています。その結果、世界の統合失調症治療薬市場の成長に拍車をかけることになるでしょう。

精神医療費の増加や慢性疾患の病気の急増は、世界の統合失調症治療薬市場の成長に貢献するでしょう。また、ドリア(リスペリドンISM)やロルペリドン(MIN-101)などの新規薬剤の需要増が、世界の統合失調症治療薬市場に潜在的な影響を及ぼすと思われます。

薬剤や治療に伴う高コストが、統合失調症治療薬市場の成長を阻害する可能性があります。

精神疾患と治療法に関する認知度の向上が、調査期間中に市場に利益をもたらすと予測されます。


地域別分析


統合失調症の世界市場は、医療費の高騰と精神疾患に対する意識の高さから、北米で急速な成長を遂げるでしょう。また、効率的な治療のための高度先進医療が利用可能であることも、同地域の市場に利益をもたらすと考えられます。さらに、同地域における可処分所得の増加や政府の積極的な取り組みが、同地域の統合失調症治療薬市場に利益をもたらすと予測されています。

COVID-19の影響分析

COVID-19の大流行は多数の市場の成長を一変させており、その発生直後の影響は様々である。一部の産業の需要が減少した一方で、他の無数の産業は潜在的な成長の見込みを目撃しています。当初、世界的なCOVID-19の発生と閉鎖的な状況は、統合失調症薬市場にいくつかの障害を生じさせました。病院や診療所はサービスの停止を余儀なくされ、最終的に市場の収益成長に影響を与えました。さらに、統合失調症の症例が増加しているため、調査期間中に市場の成長を大幅に押し上げるでしょう。


競合他社


アルカーメス
アラガン(フォレストラボ)/ジオドン・リッチャー
アストラゼネカ
ブリストル・マイヤーズ スクイブ
Eli Lilly
ジョンソン・エンド・ジョンソン
ファイザー
大日本住友製薬
バンダ・ファーマシューティカルズ
その他有力企業


市場の細分化


統合失調症治療薬の世界市場は、クラス、治療法、地域に焦点を当ててセグメンテーションしています。

統合失調症治療薬市場、クラス別

- 第一世代抗精神病薬
- 第二世代抗精神病薬
- 第三世代抗精神病薬
- その他

統合失調症治療薬の市場(治療法別

- 経口
- 注射剤

統合失調症治療薬市場:地域別

北アメリカ
米国
カナダ
メキシコ
ヨーロッパ
西ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西ヨーロッパ地域
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋地域
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
アセアン
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
UAE
サウジアラビア
南アフリカ共和国
MEAの残りの部分
南米
ブラジル
アルゼンチン
その他の南米地域


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください:https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol417




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST
タイトルとURLをコピーしました