関西発の“飲食業界応援プロジェクト”とサービスやクーポン・求人などを探せる地域特化型アプリ「CiPPo」が飲食店の集客効率化への貢献を目指し協定締結

atpress
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
大手家具量販店の販促企画立案を担当し、リピート率90%以上で毎年1万件以上のディスプレイ製作の実績を持つ、アサヒ・ドリーム・クリエイト株式会社(本社:大阪府枚方市、代表取締役:橋本 英雄、以下 ADC)は、世界初(※CiPPo株式会社調べ)の2つの新しい検索エンジンを使って市や区、駅などエリアごとに特化した情報を発信する地域メディア&SNSを運営するCiPPo株式会社(本社:兵庫県西宮市、代表取締役:横山 哲也)とプロジェクト協定を締結しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/279963/LL_img_279963_1.png
アサヒ・ドリーム・クリエイト×CiPPo

全国の量販店、飲食店、映画館など毎年1万件以上へディスプレイを活用した販促企画立案を行うアサヒ・ドリーム・クリエイト株式会社は、関西の「食文化」の活性化のため、世界初の2つのアプリ内検索エンジンを使い、地域に特化して事業者とユーザーをマッチングするサービス「CiPPo」を展開するCiPPo株式会社とプロジェクト協定を締結し、コロナ禍で苦しむ飲食店や生産者を応援する活動を行うことを発表しました。


<協定締結の背景と目的>
コロナの影響により、日本経済、とりわけ関西では大きな影響を受けています。
特に度重なる緊急事態宣言下で営業時間短縮や営業中止を余儀なくされた飲食店は大打撃を受けており、飲食業界の裾野は広く、食品メーカー・飲料メーカー・農業・漁業なども取引が減少、飲食店で働く人々の働き口が奪われるなど大きな影響が出ています。
関西の飲食業界活性化のため、10月28日に詳細情報発表予定のプロジェクトでは、食文化に関わる様々な民間企業が結集し各分野での支援を行う事が予定されています。今回のプロジェクト協定締結はその一環となります。


<今後の取り組み>
これまで店舗活性化支援を手掛けてきたADCでは、新規事業として、動画を軸にしてユーザーと飲食店や生産者のファンづくりを行う「グルメ応援SNS」のサービス開始を10月末に予定しております。
提携先であるCiPPo株式会社は、地域に特化した情報発信を強みとするサービスを展開しており、当新規事業とシステムを連携することにより、飲食店やスーパーなどの広報支援を行います。


<会社概要>
社名 : アサヒ・ドリーム・クリエイト株式会社
代表取締役: 橋本 英雄
設立 : 1966年7月
資本金 : 3,700万円
本社所在地: 大阪府枚方市招提大谷2-22-20
事業内容 : 商売繁盛コンサルティング事業・店舗活性化企画デザイン事業・
売り場を飾る販促POP制作事業
URL : https://www.pop-asahi.jp/

社名 : CiPPo株式会社
代表取締役: 横山 哲也
設立 : 2020年9月
資本金 : 1,300万円
本社所在地: 兵庫県西宮市名次町4-22-105
事業内容 : 地域特化型情報発信アプリ「CiPPo」の運営
URL : http://www.cippo.net/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
タイトルとURLをコピーしました