3年半の活動休止を経て 劇団旗揚げし直し?! 『東京ジャンクZの旗揚げ大パニック!熱血大作戦!』上演決定 カンフェティでチケット発売

newscast
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

東京ジャンク Z(主宰:畑田哲大)主催による、東京ジャンクZ vol.9 劇場都市TOKYO演劇祭参加作品『東京ジャンクZの旗揚げ大パニック!熱血大作戦!』が2022年2月9日(水)~14日(月)にシアター風姿花伝(東京都新宿区)にて上演されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて1月9日(日)より発売開始です。


カンフェティにて1月9日(日)12:00よりチケット発売開始
http://confetti-web.com/tokyojunkz9/

公式ホームページ
http://tokyojunkz.com/
公式Twitter
https://twitter.com/tokyojunkZ


東京ジャンク Z、まさかの劇団旗揚げし直し?! 初心に返って俳優が体当たりする!熱血演劇大作戦!!

【STORY】
2022年、超大手企業監修の新たな演劇プロジェクトが始動する。都内某所の稽古場に集められたのは選考を勝ち抜いた10名の俳優達。そこにプロデューサー兼総合演出の男が現れ、突然告げられる。『今から君たち劇団員には、1ヶ月後に迫った当プロジェクトの旗揚げ公演に向けて、皆さん自身で劇を作ってもらいます』。劇団員となった俳優達は、感染症対策しつつ創作のみに専念できるように、“ステイスタジオ”という形で、稽古場に泊まり込みで演劇を作ることとなった。
作家はいない。台本もない。演出家もいない。劇団員だけでエチュード(即興劇)をし、物語を立ち上げていく。だが、プロデューサーからは、怒涛のダメ出しを浴びせられ、毎度振り出しに戻される。その繰り返しの日々。追い込まれ疲弊する劇団員。迫る初日。進まない創作。そんな大パニックの稽古場で、ある劇団員が突拍子もないアイデアを口にする。そのアイデアがきっかけで、まさかこんな演劇が出来上がるなんて...?!
約3年半の活動休止を経てからの、東京ジャンクZの本公演第9弾(新作は約4年ぶり!)は、演劇をやりたい俳優たちが体当たりで巻き起こす、熱血大パニック演劇大作戦!!!(語彙力)


What’s 東京ジャンク Z?


畑田哲大・つかてつおを中心に、早稲田大学演劇研究会を母体に 2013 年に旗揚げ。 派手なスケールと濃密な会話を施して観客も思わず世界を“体験”してしまうような本公演、大きな芝居で目を引き歌ありダンスありアクションありのエンタメ作品、健康ランドでのショー公演などを展開。2018年8月の公演以降しれっと活動休止していた。


公演概要


東京ジャンクZ vol.9 劇場都市TOKYO演劇祭参加作品
『東京ジャンクZの旗揚げ大パニック!熱血大作戦!』
公演期間:2022年2月9日(水)~14日(月)
会場:シアター風姿花伝(東京都新宿区中落合2丁目1-10)

■出演者
つかてつお・薛朋花・染谷ノエル(東京ジャンクZ)/
大石晟雄(劇団晴天)・小笠原竜哉・川久保晴
岸本武享(劇想からまわりえっちゃん)・小関えりか・佐野剛(江古田のガールズ)
土橋竜太(劇団うけつ)・丸山恭平(大豆デンキュー)/ 榊原徹士

■スタッフ
音楽:岡田太郎(悪い芝居)
振付:佐久間夕貴
殺陣:小笠原竜哉
照明:山内祐太
音響:田中亮大(Paddy Field)
音響操作:深澤大青(しあわせ学級崩壊)
演出助手:田中遼太郎
舞台監督:廣瀬雅彦(THE BIG FOOT STAGE)
宣伝美術:津和野諒(アガリスクエンターテインメント)
制作協力:足立悠子(ブルドッキングヘッドロック)

■公演スケジュール
2月09日(水) 19:00
2月10日(木) 19:00
2月11日(金・祝) 13:00 / 18:00
2月12日(土) 13:00 / 18:00
2月13日(日) 13:00 / 18:00
2月14日(月) 17:00
※受付開始は開演 45 分前、開場は開演 30 分前

■チケット料金
前売:4,000 円(当日:4,300 円)
U-24:3,000 円
高校生以下:1,000 円
※U-24、高校生以下共に前売・当日料金一律。要身分証提示。
再始動応援チケット:10,000 円(御礼品付き)
(全席自由・税込)




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST
タイトルとURLをコピーしました