コロナ感染対策、飲食時に注意したいポイント

新型コロナ感染対策
この記事は約1分で読めます。

飲食時には、次の点に注意して楽しい飲食を行いましょう。

少人数・短時間で飲食しましょう。

普段一緒にいる人と少人数で、長時間お店を利用せず、必要な短時間で飲食を行いましょう。

深酒・はしご酒は避けましょう。

お酒は帰ってからのお楽しみ。飲食店での深酒や、飲食店のはしごは避けましょう。

箸やコップの使い回しをやめましょう。

箸は一人一つ、大皿料理の取り分けには注意しましょう。また、回し飲みは避けましょう。

席の配置に気をつけよう。

席は、真正面、真横を避けて、斜めに座るようにしましょう。

食べるたらマスクをしよう。

マスクを外すのは食べる時だけ。会話の時はマスクをしましょう。また、フェイスシールドやマウスシールドは、飛沫抑制効果が低い事が分かっています。マスクを使用しましょう。

感染対策がなされているお店を利用しましょう。

換気が十分になされているか、座席間に仕切りがあるか、感染対策ガイドラインを遵守したお店を利用しましょう。

この記事は、「内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室」発信の情報を元に作成しています。

タイトルとURLをコピーしました