気になるカエル

ダイアリー
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

編集部日記 ~2021年3月13日(土)~

皆さん、こんにちは!
せっかくの週末ですが、浦安は朝から雨が降っています。
こんな日は、家の事を片付けたり、ノンビリ読書やドラマ鑑賞が良さそうです。

さて、皆さんには「気になるもの」ってありますか?
凄く好きかと聞かれるとそうでもないのに、何故か「気になるもの」。
「くったん」は、小さいときから何故か「カエル」が気になっています。
しかも、本物のカエルではなく、カエルのぬいぐるみや、カエルの小物、カエルをモチーフにした
様々なグッズに心惹かれてしまうのです。

小学生の時に、ゴムでできたカエルのおもちゃを拾ったのですが、足が取れかけていて
可哀想でそのままにしておけず、家に持って帰って石鹸で洗い、足に包帯を巻いてずっと
可愛がっていたことがあったのですが、そのせいか、今でもカエルのグッズを見ると
スルスル~と近づいてしまうのです。
先日も、買い物中にカエルコーナーを発見し、暫しカエルたちとの時間を過ごしました。
連れて帰りたい気持ちを抑えるのが大変でしたが、「あ、これ買おうかな?」と思う物を発見。
これ、如何ですか?

カードが何種類かあったのですが、私の中ではこのカードに心を奪われてしまいました。
でも、貰った人がどう思うか・・・と考えると、人には送らずに自分の机の上にでも
飾っておくのが良さそうです。

皆さんの中にも、なんとなく昔から「気になるもの」があるのではないかと思います。
今、この記事を書いていて、自分がカエルに心をひかれ続けているのは、あの小学生の時に
助けたカエルが今でも私の中にずっと生き続けているのかな?と言う気がしてきました。
助けたカエルは、すでに私の手元にはいませんが、カエルが「忘れないで!」と
言っているような気がします。

「気になるもの」って自分の歴史の中のどこかに登場していたものなのかも知れませんね。
「くったん」は、あの時のカエルにもう一度会いたくなってしまいました。ケロケロ。

編集部日記 ~2021年3月13日(土)~

ダイアリー
スポンサーリンク
東京ディズニーリゾート情報は「東京ベイリゾート@アット浦安」
タイトルとURLをコピーしました