4月と言えばチューリップ

ダイアリー
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

編集部日記 ~2021年3月25日(木)~

皆さん、こんにちは。
すっかり春っぽくなってきましたね。
浦安の桜もあちこちでキレイなピンクの花を咲かせています。

チューリップの思い出

春と言えば、桜のイメージですが、4月と言えば何をイメージされますか?
「くったん」は子供の時から、4月と言うと「チューリップ」を思い出します。
小学校に入学した日、学校の校庭に「チューリップ」が沢山咲いていたのが忘れられず、
今でも4月になると「チューリップ」が見たくなってしまいます。
小学生の時は、学校で一人1つずつ「チューリップ」の球根を貰って、植木鉢に名前の
札を立てて、育てた記憶がありますが、みなさんは如何ですか?

チューリップの花言葉

「くったん」ご用達のアトレ新浦安店の「日比谷花壇」でも、「チューリップフェア」が
開催されていました。
一言で「チューリップ」と言っても、形も色も様々な種類があるんですよね。
そして、色によって花言葉もそれぞれにあるんです。
赤いチューリップは、「恋の告白」
紫のチューリップは、「永遠の愛」「気高さ」
ピンクのチューリップは、「愛の芽生え」「誠実な愛」
オレンジのチューリップは、「照れ屋」
黄色のチューリップは、「希望のない恋」「高慢」
白いチューリップは、「失恋」「新しい愛」こう見ると、黄色いチューリップは見た目は可愛いけれど、花言葉は要注意なのですね。
ちなみに、黒いチューリップは「私を忘れて」・・・、多分、買わないと思います(笑)

ドライフラワーにもなるチューリップ

花言葉に惑わされずに選ぶとしたら、「くったん」は赤かピンクのチューリップが
可愛いな、なんて思います。
チューリップは、光と気温の影響で花が開いたり、閉じたりするそうで、なんと、
ドライフラワーにもなるようです。
「くったん」は、チューリップがドライフラワーになるイメージがなかったのでちょっと
ビックリでした。
可愛いチューリップがドライフラワーになって見続けられるなんて嬉しいですね。

今年の入学式はいつもと違った形になるかも知れませんが、校庭にはきっと可愛い
チューリップが沢山咲いているのではないでしょうか?
チューリップを見ると気持ちが小学生に戻ってしまう「くったん」です。

編集部日記 ~2021年3月25日(木)~

ダイアリー
スポンサーリンク
東京ディズニーリゾート情報は「東京ベイリゾート@アット浦安」
タイトルとURLをコピーしました