「西武園ゆうえんち」リニューアルはいつから?ゴジラのアトラクションも発表!料金・オープン日情報

テーマパーク
この記事は約14分で読めます。
スポンサーリンク

心あたたまる幸福感に包まれる、新しい「西武園ゆうえんち」2021年5月19日(水) リニューアルオープンが決定されました。


おせっかいなほど人情味あふれる商店街で、圧巻のエンターテイメントの渦中に巻き込まれ、新ライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド」で、息つく暇もない大興奮にさらに巻き込まれる新しいのに懐かしい非日常の世界に巻き込まれ、心を揺さぶられる体験の全容公開です。

「西武園ゆうえんち」のリニューアルオープンについて

新しい西武園ゆうえんちは、新しいのに懐かしい非日常のエンターテインメント体験へ巻き込むことで、多くのゲストの心を強烈に、エモーショナルに揺さぶる“心あたたまる幸福感に包まれる世界”へと生まれ変わります。

遊園地のゲートをくぐり、一歩足を踏み入れるとそこは活気・元気・熱気がほとばしる1960 年代の懐かしいあの頃の世界。30 もの店舗がずらりと並ぶ商店街で360°どこを見渡してもいたる所で巻き起こる、予想もつかない圧巻のライブ・パフォーマンスがゲスト自身も巻き込み没入させます。

また、独自の園内通貨を導入し、商店街の住人とのインタラクションを楽しむお買い物体験までアトラクション化します。

商店街から見上げる丘のうえにそびえ立つのは、戦後に「娯楽の王様」と呼ばれた映画館。ここに、日本を代表するクリエイティブの英知を結集した、息つく暇もなくゲストを超絶大興奮の渦へと巻き込む大型ライド・アトラクションが新たに登場します。

今回登場するのは、1954 年に日本で誕生し、現代に至るまで世界へ驚きと感動を提供し続けてきた大怪獣「ゴジラ」をテーマにした世界初*1のライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」です。ゲストはゴジラやキングギドラたちの激闘の真っ只中に放りこまれ、突如として襲われるスリルの連続に、息つく暇もない超絶大興奮な体験を楽しめます。

活気あふれる商店街を抜けた先には、心の底から懐かしさに没入できる遊園地のアトラクションの数々が、体験を一新して勢ぞろい。そして、ご家族が思い切り楽しめるファミリーエリア「レッツゴー!レオランド」も新登場。

日本を代表する漫画家、手塚治虫氏の「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」をはじめとしたキャラクターが登場する、世界初*2のファミリーエリアで心に響く懐かしさに巻き込みます。


新しい西武園ゆうえんちは、当時を知る世代にとって強く懐かしい感情を巻き起こすのはもちろん、むしろ令和を生きる世代にとっての“エモい”感情とも通底し、人と人との触れ合いの重要性を再認識した今だからこそ、強烈に人々の心を揺さぶる体験として、ゲストを思い切り巻き込み「心あたたまる幸福感」に包み込みます。


西武グループは、これまでも安全・安心を第一に事業に取り組んでまいりました。今後の新型コロナウイルス感染症の状況を十分注視しながら、この状況下においてもお客さまに「ほほえみと元気」を提供するという使命をもって、皆さまに安全に、そして安心してご来園いただけるよう、引き続き開業準備を進めてまいります。

西武園ゆうえんちの「夕日の商店街」について

生きた昭和の熱気がほとばしる「夕日の丘商店街」おせっかいで人情味あふれる住人が繰り広げる予想もつかない、圧巻のライブ・パフォーマンスの数々。商店街じゅう、いたる所でゲストを巻き込み続ける、新たな没入体験に大興奮。


活気・元気・熱気がほとばしる「夕日の丘商店街」には30 もの店舗がずらりと立ち並び、360°どこを見渡しても1960 年代のあの頃の世界。まるでずっとこの場所にあったかのような、細部にまでこだわった世界観設計は、そこに生きる人々の息遣いや体温まで感じられ、没入感を高めます。この商店街は単に古い町並みの再現ではなく、いたる所で予想のつかないライブ・パフォーマンスが繰り広げられる一大舞台空間です。

客席と舞台のような垣根が一切ない中、常にエンターテインメントに巻き込まれ続け、気づけばゲストものめり込んで参加している、新しい没入体験を楽しめます。たとえば、ついさっきまで爽やかに道案内をしていたお巡りさんが、突如として泥棒との壮絶なパルクール・チェイスを繰り広げ、ゲストの間をかき分けて至近距離でのアクロバットなパフォーマンスを展開、ゲストもそのチェイスに巻き込まれていきます。

その他にも、おせっかいで人情味あふれる商店街の住人たちが、まったく予想のつかないハイスキルなライブ・パフォーマンスを繰り広げ、ゲストを巻き込み続けます。

「西武園ゆうえんち」の「食事」と「買い物」は「西武園通貨」を使います

本物の色合い、手触りを感じる園内通貨で当時の物価で “懐かしいあの頃”の体験に巻き込まれよう!


新しい西武園ゆうえんちでは「百園(ひゃくせいぶえん)」と「拾園(じゅうせいぶえん)」の2種類の園内通貨を導入、当時の物価そのままにお買い物や様々な体験を楽しめます。紙幣には、手塚治虫氏の人気作品「ジャングル大帝」のレオとパンジャをあしらい、当時の紙幣を感じられるよう色合いや手触りにも徹底的にこだわりました。

お買い物体験までもアトラクションの一つとして、ゲストが思い切り巻き込まれる体験をご用意します。西武園通貨で楽しめる“懐かしいあの頃”のお買い物体験には、店員さんとの情緒的なふれあいやワクワク・ドキドキがあふれています。

懐かしさが心に沁みる「食堂 助六屋」のライスオムレツや、食べ歩きにぴったりの「肉のおほみ」のクロケット(コロッケ)は風情たっぷり、「喫茶ビクトリヤ」での熱々のスパゲッティー・ナポレターナなど、懐かしく心揺さぶる食体験が盛りだくさん。

米屋で買ったお米が目の前で大爆発するポン菓子体験に驚き、遊技場での射的体験で大興奮するなど、「西武園通貨」を使ってここでしか味わうことのできない体験が一日を通じて楽しめます。

ゴジラの世界初!大型ライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」が新登場!

TM & (C)TOHO CO., LTD.

想像を大きく超えるスケールとクオリティで、本能を揺さぶる大興奮と感動体験に巻き込まれる 「夕日の丘商店街」を見下ろす丘の高台に建つ、商店街の住人にとって憩いの映画館(夕陽館)に、「ゴジラ」 をテーマにした世界初1(*1)の大型ライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦(以下、ゴジラ・ザ・ライド)」が新たに登場します。


長きにわたり、日本のみならず、世界に名をとどろかせるゴジラは、誰もが胸をワクワクさせ感動した特撮映画の最高峰であり続けています。新しい西武園ゆうえんちの世界観と合致するのはもちろんのこと、日本を代表するクリエイティブの英知を結集し、圧倒的なスケールとクオリティで、ゲストがこれでもかというほどに巻き込まれ、超絶に大興奮するライド・アトラクションが実現しました。


この「ゴジラ・ザ・ライド」では、ゲストはゴジラやキングギドラたちの激闘の真っ只中に放りこまれ、突如として襲われるスリルの連続に、息つく暇もない超絶大興奮な体験を楽しめます。次から次へと迫りくる予想を超えた展開は、あまりにスリリング!あまりに理不尽!その衝撃的な展開の連続には、日常では考えられない規格外の興奮が待ち受けています。

(*1)ゴジラをテーマとした常設のライド・アトラクションとして(2021 年自社調べ)

「ゴジラ・ザ・ライド」アトラクションのストーリーについて

商店街から見える小高い丘に建ち、街の人々から愛される映画館には、多くの人々の笑顔で溢れて いた。いつもと変わらない平穏な日常の中、東京に突如現れたのは、謎の巨大生物・キングギドラ

キングギドラは、町の建物をなぎ倒しながら埼玉方面へと移動を進める。館内の緊急放送では、キングギドラ以外にも、さらなる謎の巨大生物が接近していることを知らされる。

ゲストは、特殊災害対策部隊『特災対』の特殊装甲車に乗りこみ、ゴジラやキングギドラたちの激闘 の真っ只中に放りこまれ、無事逃げ切ることが出来るのか?

映画監督 山崎貴 × 株式会社刀 クリエイティブチーム の最強タッグによる

いまだかつて体験した事のないスリルと壮大な世界観を体感できるライド・アトラクション(2020年10月発表内容) (左)山崎 貴 (右)津野 庄一郎

日本を代表する映画監督の山崎貴氏が手がけた圧巻の映像美に、ゲストが体感するライドの動きなどテーマパークの体験設計において卓越した実績を誇る株式会社刀 クリエイティブチーム 津野庄一郎とのコラボレーションによって誕生した新ライド・アトラ クションです。

細部までこだわって作り込まれた映像とともに、ゲストの心理に合わせたストーリーやライドの動きを精緻に設計する事で、いまだかつて体験した事のないスリルと爽快感を全身で感じられます。

また、このライドに登場する大怪獣たちは、西武園ゆうえんちのために山崎監督が新たに書き下ろしたオリジナル。昭和のゴジラを髣髴とさせるどっしりとした風格のある佇まいでありながら、今見ても直感的にカッコいいと思える造形にこだわり抜きました。

この大型ライド・アトラクションは、戦後の娯楽の王様と呼ばれた「映画館」をモチーフにした建物のなかに導入されます。「西武園ゆうえんち」駅に到着したゲストが真っ先に目にする小高い丘の上にそびえ立つこの建物は、“生きた昭和の熱気”いっぱいの世界観に入り込むきっかけになるとともに、新しい「西武園ゆうえんち」における象徴的な建物になる予定です。

<プロフィール> ●山崎 貴 氏

2000 年『ジュブナイル』で監督デビュー。CG による高度なビジュアルを駆使した映像表現・VFX の第一人者。 『ALWAYS 三丁目の夕日』(05)では、心温まる人情や活気、空気感を持つ昭和の街並みを VFX で表現し話題になり、第 29 回日本アカデミー賞最優秀作品賞・監督賞など 12 部門を受賞。

『永遠の0』(13)、『STAND BY ME ドラえもん』(14)は、それぞれ第38 回日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか8部門、最優秀アニメーション作品賞を受賞。日本を代表する映画監督の一人として数えられる。株式会社白組所属。

山崎 貴氏のコメント

昔からのライド好きとしては、この規模のライド制作に関わらせていただける事ができ非常に興奮しています。こんな機会めったにやってくるものではありません。驚きと興奮、思わずのけぞってしまうような迫力のアクション を出来るだけ詰め込んで多くの観客の皆さんに忘れられない体験!をしてもらう事を目標に日々制作に取り組んでいます。


新しい西武園ゆうえんちが目指している「心温まる幸福感に包まれる世界」は僕がいくつかの映画の中で目指してきたものに大変近くとても共感しています。価値観が激しく変化していかざるを得ない現代において、その根っことなる感情を再確認するためにも、時折そういった世界に身を浸すことはますます大事な事になっていくのでは無い でしょうか?


津野さんをはじめ「刀」の皆さんは以前からその仕事を注目していたメンバーでしたので、今回ご一緒できてとても嬉しく思っています。


テーマパークのプロでもある彼らから教えていただけることもとても多く、映画制作にも生かせる様々なアドバイスは新しい視点を持つことができ、今回のライドにも次第に相乗効果が生まれてきていると日々感じています。

彼らと共に作り上げる今回のライドは必ず沢山の人を驚異の世界に連れて行ってくれると信じています。

<プロフィール>●株式会社刀 シニア・クリエイティブ・ディレクター 津野 庄一郎氏

消費者心理を鋭く洞察し、感情を揺さぶる緻密に計算されたエンターテインメントを生み出すプロフェッショナル。


あらゆる演出手法や技術を駆使し、パレード、ステージショー、映像系アトラクションなど、ジャンルを一切問わず、 数々の「実現不可能」を「可能」にしてきた稀有なクリエイタ−。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、ショープロデューサーでありながら、自らスクリプト制作や音楽・映像編集、更には衣装やショーセットデザインまで手掛けるマルチクリエイターとして、数々の作品を世に送り出してきた。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの V 字回復の契機とな った「ハロウィーン・ホラーナイト」では、総合プロデューサーを務め、ほぼ全てのエンターテインメントの企画、演出を手掛けイベントを成功に導いた立役者として広く知られる。

株式会社刀 シニア・クリエイティブ・ディレクター 津野 庄一郎氏のコメント

息つく暇もない圧倒的な興奮とスリルに巻き込まれる体験をお届けできると確信しています。ライド乗車中の体験 の作りこみはもちろん、今回新しく生まれ変わる「西武園ゆうえんち」の世界観のなかから、どうゲストをライドの世 界に引き込んでいくか、そして乗車後に「とにかく凄かった」「あのシーンがもう一度見たい」とゲストが感じられるか を常に追求しながらデザインしています。

遊園地全体でめざしている、自分を放っておいてくれない、その世界に巻き込まれる体験、手触りを感じられるライブ感をこのライドでも実現していきます。


今回協業する、山崎貴監督が制作される世界観の表現やVFX 技術のクオリティの高さ、素晴らしさはもちろん改めて言及するまでもありません。数々の映画作品において、難易度の高いプロジェクトを次々と成功させてきた山崎 監督と、「刀」のメンバーや西武グループの皆さまとも膝を突き合わせて戦略から議論し、ゲストの心を思い切り揺さ ぶる最高の体験を届ける、という一心でチーム一丸となって取り組んでいる実感があります。


私たち「刀」のもつテーマパークでの体験設計のノウハウや精緻な消費者理解が、山崎監督の創り出す壮大な世界と組み合わさり、新しい「西武園ゆうえんち」の顔となる想像を超えるライド体験が誕生します。ご期待ください。

「西武園ゆうえんち」のシンボル「大観覧車」や「メリーゴーラウンド」でノスタルジーを感じる

情緒あふれるアトラクションの数々で、心の底から懐かしい体験に巻き込まれる 活気あふれる商店街を抜けた先には、西武園ゆうえんちのシンボルである「大観覧車」や、夕暮れになるとライトアップされ、幻想的な風景も楽しめる「メリーゴーラウンド」、まるで体ひとつで宙を飛びまわっている かのような、浮遊感とスピード感が味わえる「回転空中ブランコ」など、懐かしいあの頃へタイムスリップした かのような世界が目の前に広がります。

西武園ゆうえんちで長く愛されてきたアトラクションの数々は、音響効果やフレンズクルーのおせっかいな ほどのインタラクションにより、体験を一新します。1960 年代の懐かしい雰囲気を感じるアトラクションの 数々においても、心動かされる、あたたかい幸福感に包まれる世界を楽しめます。

ファミリーで楽しめるエリア「レッツゴー!レオランド」が新登場!

(C)TEZUKA PRODUCTIONS

「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」のキャラクターたちが登場する世界初(*2)のファミリーエリアが誕生します。


商店街の外には懐かしいアトラクションたちに加えて、ご家族で思い切り楽しめるファミリーエリア「レッツゴー!レオランド」が誕生します。

このエリアには、日本を代表する漫画家・手塚治虫氏の人気作品「鉄腕アトム」と「ジャングル大帝」のキャラクターが登場し、大人にとっては懐かしいけど新しい、子供にとっては新しいど懐かしい、心に響く体験をお届けします。


日本のテレビアニメーションの扉を開いた金字塔といわれ、1963年に日本初の長編テレビアニメシリーズとして登場した「鉄腕アトム」。手塚治虫氏が上京してトキワ荘に居を構え執筆した、自身初の長編連載漫画で、レオが主人公の「ジャングル大帝」。いずれも、日本が世界に誇る漫画・アニメ文化の礎を築いた作品です。

子供たちの心を鷲掴みにした両作品は、昭和から平成、令和と時代を超えた今でも愛され続けており、新しい西武園ゆうえんちが目指す、「心あたたまる幸福感に包まれる」世界観にも合い、遊園地全体の体験をも盛り上げます。


大人も子供も楽しめる「レッツゴー!レオランド」には、颯爽と走り抜けるジェットコースター「アトムの月面旅行」や、回転型ライド・アトラクション「飛べ!ジャングルの勇者レオ」など4つのライド・アトラクションを含む、6つの体験が楽しめます。


また、アトムやレオをはじめとした手塚治虫氏の人気キャラクターたちをデザインした西武園ゆうえんち限定のグッズを販売するショップ「レッツゴー!バザール」も併設されます。

(*2)手塚治虫氏のキャラクターをテーマとした、遊園地常設のファミリーエリアとして(2021年自社調べ)

新型コロナウイルス感染拡大予防対策について

西武園ゆうえんちでは、ゲストの皆さまに安心してご来園いただけるよう、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に基づき、検温や消毒など感染対策を徹底して行ってまいります。


来園人数をもとにゲストの流れを予測し、ショーの時間や回数を組み立てるなど、「密」にならず安心して多くのゲストに楽しんでいただける環境をご用意いたします。

「西武園ゆうえんち」のチケット・料金・リニューアルオープン日

オープン日 2021 年5月19日(水)
営業時間 日により異なります
休業日 不定休
ライドアトラクション 12 機種
商店街 30 店舗
飲食施設 12 店舗


料金
1日レヂャー切符(入園+アトラクションフリー)
大人(中学生以上)
4,000円 (税込4,400円)
子供(3 才~小学生)
3,000円 (税込 3,300円)


※その他、お得なパック料金もご用意しております。
※3才未満は無料

お客さまのお問合せ先
西武鉄道お客さまセンター TEL.(04)2996-2888
音声ガイダンスのご案内により、メニューをお選びください。
短縮営業時間 9:00~17:00(全日)

※お客さまおよび従業員への新型コロナウイルス感染症の感染予防・感染拡大防止を目的に、当面の間、平日の営業時間を短縮しております。

TM & (C) TOHO CO., LTD.
(C)TEZUKA PRODUCTIONS

タイトルとURLをコピーしました