「白雪ふきん」ご存じですか?

ダイアリー
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

編集部日記 ~2021年4月23日(金)~

みなさん、こんにちは!
最近お天気が良くて気持ちが良いですね。やはり、お天気が良いと気持ちもスッキリして
何かやりたくなりますよね。
こんなお天気の日は、洗濯機も忙しく回っているのではないでしょうか?

「白雪ふきん」って?

さて、最近はコロナ対策の影響で今までよりも手を洗う回数が増えている人が
多いのではないでしょうか?
最近の暑さで汗を拭きたくなる時もありますよね。
みなさんは、一日にどのくらいハンカチやタオルを使いますか?
「くったん」は、手を洗う回数が増えたせいか、外出するとすぐにミニタオルが湿って
しまうため、いつも3枚くらいは持ち歩いています。
ミニタオルも、どんなものが良いのかいつも迷っているのですが、昨日、偶然目にした
「白雪ふきん」なるものに目を惹かれました。

みなさんは「白雪ふきん」ってご存じでしたか?
「くったん」は実は初めて知ったのですが、今の時期、自分が探していたものを
見つけたような気がしてちょっと嬉しかったので、この記事でご紹介します。


奈良から生まれた「白雪ふきん」は、蚊帳の端切れでふきんを作ったことから始まりで、
素材、縫製にこだわって製造したところ、従来のふきんにはない、「吸収性」と「素早い汚れ落ち」、
「さらりとした使用感」のふきんが誕生したそうです。

長期にわたり、雪のような白さを保つという商品の特性から「白雪ふきん」と名付けられ、
東大寺・大仏様のお身拭きにも毎年献納されているそうです。

す・・す・・素晴らしいふきんだと思いませんか?
ふきんと言えば、食器を拭くだけの布、というイメージがあるのですが、この「白雪ふきん」は
おしぼりや、お子様のお口拭き、もちろん、「くったん」のハンカチとしても使え、
最後は雑巾として使いきれる優れものです。
素材の綿・レーヨンは、植物由来ですので、土に埋めると生分解され自然に還るという、
環境に非常に優しい素材なのです。

贈り物にも喜ばれる「白雪ふきん」

「白雪ふきん」には、ふきんだけでなく、「タオル」や「手ぬぐい」など、お肌や環境に
優しい商品が沢山揃っています。
しかも、ふきんと言えば「白」と言うイメージですが、カラフルで可愛い柄のふきんに
あれこれ欲しくなってしまうほどです。
そして、自分用としてだけでなく、贈り物としても喜ばれること間違いなしの「白雪ふきん」には
とっても可愛い「湯上りたおる・白雪ベアーギフト」なる、思わず「これ、欲しい!」と
叫びたくなるタオルがあるのです。

これ、可愛いですよね~~
ギフトにはもちろんですが、自分でも欲しくなってしまった「くったん」です。
これから暑い季節がやってきますので、タオルの素材選びも大きな問題ですよね。
そんな時に、この「白雪ふきん」のタオルや手ぬぐいが大活躍することは
間違いないと思います。
使うほどに柔らかく優しい手触り、しかも、環境に優しいと言われたら使わない手は
ありません!
今なら、アトレ新浦安店2階、正面入り口を入ってすぐに「白雪ふきん」の
商品たちがズラリと並んでいます。
是非是非、実際に「白雪ふきん」に触れて、その感触に感動してみてくださいね。
「見本」があります!
「くったん」は、まとめ買いしちゃいます!

編集部日記 ~2021年4月23日(金)~

タイトルとURLをコピーしました