葛西臨海公園のドライブスルー「スターバックス」ってどんなの?

カフェ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

「スターバックス」のドライブスルー?実は、郊外では結構普通にあるみたいなのですが、編集部のある浦安近辺では全く見かけず、興味津々で、葛西臨海公園にできた、ドライブスルー付き「スターバックス」へ行ってみました。

葛西臨海公園の「スターバックス」は「Ff」の中にあります

今回は、店内の様子も伺いたいということで、ドライブスルーの方からは入らず、普通に葛西臨海公園の駐車場へ車を停めて、「スターバックス」葛西臨海公園店へ向かいました。

「スターバックス」があるのは、新しくできた葛西臨海公園の駅前施設「Ff」(エフエフ)の中にあります。

葛西臨海公園駅に「スターバックス コーヒー」商業施設「Ff(エフエフ)」がオープン!
舞浜駅のお隣、「葛西臨海公園駅」高架下に2021年1月30日(土)、「スターバックス コーヒー 葛西臨海公園駅店」と複合商業施設「Ff(エフエフ)」がオープンします。

「スターバックス」ドライブスルーの利用方法

国道357号(湾岸道路)上り線「葛西臨海公園駅」近辺から入る

(Googleストリートビュー上はまだスターバックスができていません)

「スターバックス」葛西臨海公園店は、車で行くと、国道357号線の上り、葛西臨海公園駅近辺にあります。上り線を走り、駅を超えたあたりで左側をよくみると、ドライブスルーの看板が見えます。看板はちょっと道路に対して、引っ込んだ感じで立っているので、スピードは控えめで探した方がいいかと思います。

駅前の民間コインパーキング(パーキングイン葛西臨海公園駅前第2駐車場)と兼ねています。順番でいうと、第1駐車場、第2駐車場の順で出てくるので、第1駐車場が見えたら、徐行した方がいいと思います。

通路に沿って走るとオーダーボードがあり

ウェルカムの看板に続いて、オーダーボードがあり、マイクに向かって注文をするようになっています。ドリンクメニューだけでなく、スイーツやフードメニューもあり。注文が済むと、モニターに注文内容の確認と、金額が表示されます。

商品の受け渡しと会計

そのまま通路を前に進むと、「PIC UP HERE」のサインがあり、お会計と、商品の受け渡しとなります。

帰りは、同じ国道375号線に合流する形になりますので、上り線にしか行けません。千葉方面へ戻りたい時は注意が必要です。

訪れた日が休日だったこともありますが、正直かなり混雑していました。タイミングによっては、ドライブスルーの中に入れず、国道で侵入待ちになることもあります。また、他のファストフードのドライブスルーなどと違い、商品が作り置きしたものではないので、注文をしてから受け取りまで待ちが発生します。混雑時は、注文してから商品を受け取るまでかなりの時間がかかるようです。

葛西臨海公園の「スターバックス」店内の様子

イートイン、店内の様子ですが、コンクリート打ちっぱなし風の店内はスタバ独特のおしゃれな雰囲気。葛西臨海公園に向けて大きめの窓が開いていて店内を明るくしています。

葛西臨海公園店の特徴なのかもしれませんが、公園内で飲む人が多いのか、テイクアウトする人が多いようでした。店内の席はそこそこ空いているのですが、逆にカウンターのオーダーの列はかなり混雑していています。キッチンがドライブスルーと兼用なので、混雑時にはかなりのオーダーがあるようで、カフェを作るのも大忙しのようでした。

以上、都心では珍しいドライブスルー付き「スターバックス」葛西臨海公園店のレポートでした。

タイトルとURLをコピーしました