不思議いっぱいのブラシの木

ダイアリー
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

編集部日記 ~2021年5月20日(木)~

皆さん、こんにちは!
梅雨入りが近づいているせいで快晴とは程遠い空模様が続いていますね。
明日は、西日本、東日本でも大雨の恐れがあるとのことですので、外出される方は
充分に気をつけてくださいね。

さて、コロナ禍の中、遠出する機会もめっきり減った分、近所で見ることが出来る
お花や植物たちにすっかり魅了されている「くったん」です。
先日までは「ローズガーデン」での、色とりどりの美しいバラをご紹介していましたが、
今日は、少しずつ散り始めたバラの近くで元気よく育っている不思議な木をご紹介します。

皆さん、「ブラシの木」ってご存じですか?
「くったん」は、ずっと「歯ブラシの木」だと思っていたのですが、「ブラシの木」と
いうのですね。
瓶やコップを洗うブラシにそっくりなので、英語では「ボトルブラッシュ」と呼ばれているそうです。
なんか頷けますね(笑)

ちょっと離れたところから見ると「ブラシ」に見える部分、顔を近づけてよ~く見てみると、
とっても不思議な、そして神秘的な様子が見ることが出来ます。

どうですか?
不思議ですよね~。
「ブラシの木」は、5月の下旬、丁度バラが終わりかけた頃に開花し、その殆どが四季咲きで
この時期の後も2~3回返り咲くのが嬉しい特徴の1つです。
「ブラシの木」は、寒さに強く庭植えに向いているとのことですが、
確かに毎年、この時期になるとマンションのお庭などで元気な赤いブラシが見られます。
一度分かると今の時期、あちこちで赤い「ブラシ」の姿を発見できますね。
皆さんも一度は出会ったことがあるかもしれませんね。

「ブラシの木」は、日本名では「金宝樹(キンポウジュ)」と呼ばれているそうですが、
「野鳥を呼び寄せる木」としても知られているようです。
「野鳥を呼び寄せる木」なんて素敵じゃないですか?
お庭の「ブラシの木」に、野鳥たちが遊びにやってくる様子を思い浮かべると、なんとも
喉かな時間の流れを感じます。

自分の家にお庭があったら、是非この「ブラシの木」を育てて、毎朝、鳥たちが
遊びに来てくれたらいいな、なんて楽しい想像をする「くったん」です。
皆さんも、今の時期ならではの「ブラシの木」をよ~く観察してみてください!
その不思議で神秘な姿に、思わず引き込まれてしまいますよ。


編集部日記 ~2021年5月20日(木)~

タイトルとURLをコピーしました