「すみだ水族館」でマゼランペンギンの赤ちゃん3羽が誕生!

テーマパーク
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

すみだ水族館で、3羽のマゼランペンギンの赤ちゃんが誕生しました。 赤ちゃんの誕生は、 開業から9年連続となります。

すみだ水族館で飼育しているマゼランペンギンは、 毎年3月から5月にかけて繁殖の時期を迎えます。 今年初の赤ちゃんは、 3月28日(日)に「わらび」が産卵。 産卵から38日目の5月5日(水)に嘴打ち(はしうち)が確認され、 5月6日(木)に無事に孵化しました。 初産となる「ピーチ」の赤ちゃんが5月9日(日)に、 「なでしこ」の赤ちゃんが5月17日(月)にそれぞれ孵化し、 計3羽の赤ちゃんが誕生しました。

赤ちゃんたちの名前は、 コロナ禍で一時休館中のなか飼育スタッフを笑顔にしてくれたように、 「皆さまの笑顔の源となり愛されるように」との願いを込めて、 それぞれ「ぼんぼり」「ももは」「あさひ」と命名しました。 3羽は飼育スタッフに見守られながら、 毎日元気に育っています。

3羽の赤ちゃんはバックヤードを中心に成長し、 7月中旬以降に大人たちと一緒にペンギンプールでの生活を予定しています。 赤ちゃんの誕生からプールデビューまでの道のり、 飼育スタッフが赤ちゃんにゴハンをあげるようすなどを、 休館中もすみだ水族館の公式Twitterで随時配信する予定です。 生後間もないふわふわの綿羽に包まれたペンギンの赤ちゃんが成長していく姿を、 ぜひ一緒に見守ってください。

マゼランペンギンの赤ちゃんの詳細

名前 ぼんぼり

両親 ローズ(オス)、 わらび(メス)
産卵日 3月28日(日)
孵化日 5月6日(木)
現在の体重 710グラム(5月18日時点)

名前の由来 兄である「ちょうちん」と兄弟の絆を感じられるものから命名。 やさしく周りを照らすような存在になって欲しいという願いが込められています。
補足 2017年に誕生した「ちょうちん(オス)」の兄弟。

名前 ももは

両親 バジル(オス)、 ピーチ(メス)
産卵日 3月29日(月)
孵化日 5月9日(日)
現在の体重 203グラム(5月18日時点)

名前の由来 母「ピーチ」と父「バジル」の待望の第一子であることから、 両親の名前にちなみ、 桃(ピーチ)と葉(バジル)を組み合わせて「ももは」と命名しました。
補足 バジル(オス)・ピーチ(メス)夫婦の初めての赤ちゃん。

名前 あさひ

両親 ライム(オス)、 なでしこ(メス)
産卵日 4月8日(木)
孵化日 5月17日(月)
現在の体重 103グラム(5月18日時点)

名前の由来 今年最後の誕生となった3羽目の赤ちゃん。 待ちわびた朝日のように希望と光に満ちた存在であって欲しいという思いから「あさひ」と命名しました。
補足 2017年に誕生した「きりこ(オス)」の兄弟。

※すみだ水族館は、 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 2021年4月25日(日)から一時休館中です。 再開の予定につきましては、 すみだ水族館公式ウェブサイトにてお知らせします。

タイトルとURLをコピーしました