「鴨川シーワールド」千葉県民の日に100名の子どもたちがマダイの放流を体験

テーマパーク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

千葉県の魚「タイ」にちなみ 鴨川シーワールドでマダイの放流を実施 6月15日(火)千葉県民の日に100名の子どもたちがマダイの放流を体験。

鴨川シーワールドでは、 6月15日(火)の千葉県民の日に、 県の魚「タイ」にちなんでマダイの幼魚の放流イベントを実施しました。

マダイの放流は6月15日「千葉県民の日」特別イベントとして1989年より始まり、 今年で33年目を迎える恒例行事となっています。 本年も、 千葉県在住の中学生以下の入館を無料としたほか、 先着100名の子どもたちが鴨川シーワールドの目の前に広がる東条海岸へマダイの幼魚を放流しました。

子どもたちは透明のケースに入った小さなマダイを覗きこんだり、 一緒に写真を撮ったりと、 普段の生活で出会うことが少ない生きた魚に興味をもっている様子でした。 海岸に設置した水路から幼魚を放流し、 太平洋の大海原へ消えていく姿を参加者全員で見守りました。

開業50周年を迎えた鴨川シーワールドでは、 これからも地域とのつながりを大切にし、 地域に根ざした活動を続けていきます。

鴨川シーワールド概要

名称 :鴨川シーワールド
所在地:〒296-0041千葉県鴨川市東町1464-18
TEL :04-7093-4803
開業 :1970年10月1日
休館日:不定休
入館料:大人 3,000円、 小人(小学生・中学生) 1,800円
幼児(4歳以上) 1,200円、 60歳以上の方 2,400円

<公式>鴨川シーワールド-東京・千葉の水族館テーマパーク
東京・千葉の水族館テーマパーク「鴨川シーワールド」は、「海の世界との出会い」をコンセプトに1970年10月にオープンし、水生生物との出会いを通し、生命の大切さとふれあいのすばらしさを体感するとともに、水生生物に関する知識と自然環境との関わりあいを楽しく学ぶことを目的とした水族館です。

800種11,000点の海の動物を展示。 海の王者シャチをはじめ、 イルカ、 アシカ、 ベルーガ4つの動物パフォーマンスが人気!ご家族や友人、 そして大切な人とともに、 海の仲間たちとの楽しい癒しのひと時をお楽しみください。 ※鴨川シーワールドは、 グランビスタ ホテル&リゾートのグループ施設です。

関連記事

「鴨川シーワールド」6月は『千葉県民感謝月間』特別割引
鴨川シーワールドでは1989年より、 毎年6月15日の「千葉県民の日」にちなんだイベントを開催し、 2013年からは6月の1ヶ月間を「千葉県民感謝月間」としています。 本年も日頃から応援をいただいている地域の皆様に感謝を込めて、 千葉県在住のお客様を対象とした特別入館割引を実施します。
タイトルとURLをコピーしました