浦安駅前に無人のお持ち帰り餃子店

ダイアリー
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

編集部日記 ~2021年6月29日(火)~

皆さん、こんにちは!
今回も「くったん」が大好きな、食べ物・美味しい物情報です。

以前、こちらの記事で「浜松餃子」が美味しい!とご紹介させて頂きましたが、今回は、浦安駅前に登場した無人のお持ち帰り餃子のお店です。「無人?」と思いますよね?良く田舎に行くと、無人で野菜などを販売しているところがありますが、今回の餃子は田舎ではなく人通りも多い駅前と言うのがちょっと違うところ、、、、ですね。帰りが遅くなってスーパーも締まって買い物ができない・・・時短営業で食べて帰ることもできない・・・でも、餃子が食べたい・・・そんな時にこの無人お持ち帰り餃子があればどんなに助かるか!!

と、いう事で本日の主役、栃木からやって来た生餃子直売所「八幡餃子」です。「やわた」ではなく、「はちまん」と読みます。こちらの餃子直売所、24時間営業、無人ですので自動販売機のようなシステムで餃子を購入することができます。場所は、東西線浦安駅の西友スーパーの前になります。

こちらの餃子は、冷凍の生餃子で1パック36個入り、お値段は1000円(税込み)です。1000円札1枚で買えるというのが嬉しいですね。小銭を探す手間が省けます。ちなみに、おつりが出ないので1000円札のみの利用になりますのでご注意ください。

そして、何よりも嬉しいのは餃子1パックにつき、保冷剤が無料で1個もらえるという事です。冷凍なのでそのまま持ち帰るのがちょっと不安ですよね、保冷剤がちゃんとあるんですよ~~!20分以上持ち歩く方には有料になりますが、100円で保冷バックも用意されています。(すごい親切!)。また、特製の餃子のタレが1個200円で販売されていますので、ご希望に合わせて餃子と合わせて買うと良いですね。保冷バックは有料ですが、普通のビニール袋は無料で準備されていますので、「入れるものがない!」と言う心配は無用です。

ここまで心配りがされていたら、餃子の味も期待できますね。夜遅く餃子が食べたくなった方だけでなく、会社帰りやお買い物のついでに気軽に冷凍餃子を買いに行くのも良さそうですね。冷凍の「浜松餃子」がかなり美味しかったので、今回の「八幡餃子」も期待に胸が膨らみます。後日、「八幡餃子」を食べた感想をこちらの記事でご紹介しますので、楽しみに待っていてください。皆さんの方が先に「食べた!」と、言われるかも知れませんね(笑)

編集部日記 ~2021年6月29日(火)~

タイトルとURLをコピーしました