Disney+(ディズニープラス)に新たなコンテンツ「スター」が追加!10月27日よりサービスを拡大

ディズニープラスエンターティメント
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

Disney+(ディズニープラス)に新たなコンテンツブランド、スターを追加し10月27日よりサービスを拡大。ディズニー、 ピクサー、 マーベル、 スター・ウォーズ、 ナショナル ジオグラフィックにスターが加わり、 最新映画からオリジナル作品、 日本のコンテンツまで16,000を超えるラインアップ。

アカデミー賞(R)作品賞受賞『ノマドランド』、 『デッドプール』、 『ウォーキング・デッド』など、 国内外から幅広いジャンルの人気作品が登場

Disney+(ディズニープラス)のサービス拡大について

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、Disney+(ディズニープラス)で新たなコンテンツブランド、 スターを2021年10月27日より提供開始することを発表しました。

現在のディズニー、 ピクサー、 マーベル、 スター・ウォーズ、 ナショナル ジオグラフィックにスターが加わることで、 最新映画からオリジナル作品、 日本のコンテンツまで今後16,000を超えるラインアップをお届けします。

新たに追加されるスターは、 膨大なゼネラル・エンターテイメント・コンテンツがお楽しみいただけるブランドです。

ディズニー・テレビジョン・スタジオ(ABC Signature と20 thテレビジョン)、 FXプロダクションズ、 20世紀スタジオ、 サーチライト・ピクチャーズなどのディズニーが誇る制作スタジオが数多くの映画やシリーズをお届けする他、 ここだけでしか見られないオリジナル作品、 日本市場向けに制作するローカルコンテンツも含まれ、 全ての消費者に向けて、 ドラマからスリラー、 コメディとこれまでにないあらゆる感情に合う幅広いジャンルのコンテンツをお届けします。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 代表取締役社長Carol Choi(キャロル・チョイ)氏のコメント

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 代表取締役社長Carol Choi(キャロル・チョイ)は次のように述べています。 「このたび、 新たなコンテンツブランド、 スターを追加し、 日本の消費者へディズニープラスがお届けするエンターテイメント体験を拡大できることを嬉しく思います。

日本は、 ノース・アジアにおいてディズニープラスを最初に提供した市場であり、 今後もディズニーにとって重要な市場です。 株式会社NTTドコモと一緒にお届けしてきたディズニープラスは、 日本の消費者に高い評価を得てきました。

スターの追加により、 これまでにない幅と深さを持つゼネラル・エンターテイメント・コンテンツがラインアップに加わるほか、 日本のトップクリエイターと協力して生み出すローカルコンテンツをお届けします。 」

新たな配信タイトルについて

スターで配信されるのは、 アカデミー賞(R)作品賞受賞『ノマドランド』などの最新映画、 『プリティ・ウーマン』、 『タイタニック』、 『プラダを着た悪魔』、 『デッドプール』などの大ヒット映画、 スター オリジナルシリーズからは、 セレーナ・ゴメス主演で話題の『マーダーズ・イン・ビルディング』や、 人気映画のスピンオフ『Love, ヴィクター』です。

さらに、 サイエンス・フィクション クラシックの金字塔、 初のシリーズ作品『エイリアン(原題)』、 ジェームズ・クラベルの人気小説をテレビドラマ化し1980年にアメリカで大ヒットした『ショーグン(原題)』など、 期待作を新たに制作中です。

また、 『glee/グリー』、 『24 -TWENTY FOUR-』、 『ウォーキング・デッド』、 『9-1-1: LONE STAR』などの人気海外ドラマも登場し、 数多くの作品が揃います。

また、 ディズニー、 ピクサー、 マーベル、 スター・ウォーズ、 ナショナル ジオグラフィックも充実のラインアップでお届けします。

『モンスターズ・ワーク』、 『ロキ』、 『スター・ウォーズ:ビジョンズ』(9月22日配信開始)、 『クジラと海洋生物の社会』など、 ここでしか見ることができないオリジナル作品を見放題でお楽しみいただける他、 11月にはマーベル・スタジオの最新ドラマ『ホークアイ(原題)』、 大ヒット映画のシリーズ最新作『ホーム・スイート・ホーム・アローン(原題)』、 そして12月にはスター・ウォーズから最新シリーズ『ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット(原題)』が配信開始となります。

新たな機能の追加や4K UHD対応

スターの提供開始にあわせて、 新たな対応プラットフォームと機能を追加します。 これまでのスマートフォン、 タブレット、 PC、 スマートテレビ、 ストリーミングデバイスに、 新たにゲーム機が追加され対応デバイスを拡大します。

機能面では、 動画品質を高める4K UHDの映像提供、 5.1チャンネル、 およびドルビーアトモス対応のオーディオ機器で、 コンテンツをより大迫力でお楽しみいただける他、 別の部屋にいても、 7人まで一緒に視聴を楽しめるGroupWatchやキッズプロフィール、 プロフィールPIN(暗証番号)などお子さまも安心してお楽しみいただけるペアレンタルコントロール機能も提供開始となります。

「ディズニープラス」新月額料金は990円(税込)の定額制

さらに、 消費者の利便性を高める入会経路も拡大します。 これまでのドコモショップやMy docomoなどによる入会に加え、 クレジットカードもしくはPayPalでのWEB入会、 Apple App Store、 Google Play ストア、 Amazon アプリストアからも入会可能となります。

ディズニープラスは、 月額990円(税込)の定額制で、 Apple App Store経由でご入会の場合は月額1,000円(税込)となります。 尚、 ドコモショップやMy docomoなどによる入会の場合は、 11月1日より月額990円(税込)の新価格が適用されます。

※AppleとAppleのロゴは、 米国およびその他の国で登録されたApple Inc.の商標です。 App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
※Amazonに関連するすべての商標は、 Amazon.com, Inc. 又はその関連会社の商標です。

ディズニープラスについて

Disney+ (ディズニープラス)は、 ディズニーがグローバルで展開する動画配信サービスです。 ディズニー、 ピクサー、 マーベル、 スター・ウォーズ、 ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作、 そして『ザ・シンプソンズ』などの人気作がお楽しみいただけます。 また、 一部のインターナショナルマーケットでは、 新しいゼネラル・エンターテイメント・コンテンツ・ブランド、 スターも含まれます。 ディズニープラスは、 ウォルト・ディズニー・カンパニーがお届けする動画配信サービスの旗艦サービスであり、 ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション セグメントの一部です。 ここだけでしか見られないオリジナル作品、 映画、 ドキュメンタリー、 映画、 アニメーション、 短編など幅広いジャンルのコンテンツに加えて、 ディズニーの長い歴史の中で誕生した、 かつてない規模の名作やテレビコンテンツ、 ウォルト・ディズニー・スタジオの最新映画もお楽しみいただけます。 また、 スターでは、 20世紀スタジオ、 ディズニー・テレビジョン・スタジオ、 FXプロダクションズ、 サーチライト・ピクチャーズなどの名作も登場します。 詳細は公式サイト(disneyplus.jp)をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました