4月15日は「東京ディズニーランド(R)」開園39周年記念日です!

東京ディズニーシー®️
(C)Disney
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

4月15日は東京ディズニーランド(R)の開園日!“夢と魔法の王国”をテーマに1983年に誕生した東京ディズニーランドは、2022年4月15日(金)に開園39周年を迎えます。

世代を超え、あらゆる人々が共通の体験を通してともに笑い、驚き、発見し、そして楽しむことのできる世界。「あらゆる世代の人々が一緒になって楽しむことができる“ファミリー・エンターテイメント”を実現したい」というウォルト・ディズニーの思いがディズニーランドを生み、東京ディズニーランドと東京ディズニーシー(R)もその思いのもとに誕生しました。

今回は、2つのテーマパーク、ホテル、モノレールなどで構成された東京ディズニーリゾート(R)の進化の軌跡と、今後の展開について改めて紹介いたします。

東京ディズニーリゾートの進化の軌跡

東京ディズニーランドは、 1983年4月15日(金)午前9時に、当社の代表取締役社長(当時)の髙橋政知による「ここに東京ディズニーランドの開園を宣します!」の言葉で開園しました。初日は約18,000人ものゲストがお越しくださいました。

(C)Disney

東京ディズニーランド開園当日のテープカットの様子(1983年4月15日)

東京ディズニーランドの開園後、2000年7月には国内初のディズニーホテル「ディズニーアンバサダー(R)ホテル 」、 2001年7月にはモノレール「ディズニーリゾートライン」、同年9月には東京ディズニーシーおよび「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ(R)」がオープンし、東京ディズニーリゾートとして、より多くのゲストをお迎えできるようになり、パークを泊まって楽しむという新たな楽しみ方をご提案できるようになりました。

ディズニーホテルはその後「東京ディズニーランドホテル」、「東京ディズニーセレブレーションホテル(R)」、そして2022年4月5日には「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリー(R)ホテル」が開業しました。

(C)Disney

東京ディズニーランド

(C)Disney

東京ディズニーシー

東京ディズニーリゾートの今後

東京ディズニーランドが開園40周年を迎える2023年度には、東京ディズニーシーを拡張し、新たなディズニーホテルを有する8つめのテーマポート「ファンタジースプリングス」がオープンする予定です。

2023年度開業予定の「ファンタジースプリングス」(イメージ )

東京ディズニーリゾートは、これからもあらゆる世代のゲストがそれぞれのスタイルでディズニーテーマパークの普遍的な価値を体感し、その夢のような世界が途切れることなく続く、両パークを核としたオンリーワンのテーマリゾートへと進化し続けます。

キャストは39周年を迎える今でも「毎日が初演(※)」という気持ちで、ゲストの皆さまをお迎えしております。

これからも東京ディズニーリゾートで特別な滞在をお楽しみいただけるよう、ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たち、東京ディズニーリゾートのすべてのキャストが皆さまをお待ちしてい
ます。ご家族やお友だちと一緒に、もちろんおひとりでも、東京ディズニーリゾートでとびきり楽しい時間をお過ごしください。

※ディズニーテーマパークは、訪れたゲストにさまざまな体験を提供するための「青空を背景とした巨大なステージ(舞台)」であり、パーク内のあらゆるものがテーマショーという観点で造られ、構成されています。舞台で働く従業員を「キャスト」と呼 び、キャストは「役者」として、その施設やエリアのテーマに合わせたショーを演じています。

※写真はすべてイメージです。
(C)Disney

タイトルとURLをコピーしました