8月11日は「山の日」東京ディズニーランド(R)の“山”をモチーフにした3つのアトラクションでキャストたちがご挨拶をさせていただきます

東京ディズニーランド®️
(C)Disney
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

8月11日は「山の日」です。「山の日」に ちなんで、東京ディズニーランドの“山”をモチーフにした3つのアトラクションをご紹介します。

2027年には更なる進化!「スペース・マウンテン」

(C)Disney

トゥモローランドの「スペース・マウンテン」は、最高時速 50km で宇宙空間を駆け抜ける、スリリングなジェットコースタータイプのアトラクションです。ゲストはスペーストラベラーとしてロケットに乗り込み、謎に満ちた宇宙へと旅立ちます。

(C)Disney

「スペース・マウンテン」は、東京ディズニーランドの開園と同じ、1983年4月15日にオープン。その後、宇宙船などのデザインの変更や、地上38m/直径61mの巨大なドーム形の建物の夜間のライティングショー導入など大規模な改修を行い、2007年4月 28日にリニューアルオープンしました。

また、2027年、「スペース・マウンテン」は、その周辺環境を含め、新しく生まれ変わります。

(C)Disney

現在のジェットコースタータイプの屋内型アトラクションといった形態は引き継ぎながらも、ゲストが乗り込むロケットの性能が向上し、新たな特殊効果が加わることで、今まで以上にスリルと興奮に満ちた宇宙旅行をお楽しみいただけます。

※「スペース・マウンテン」は、日本コカ・コーラ株式会社が提供しています

今年オープン35周年!「ビッグサンダー・マウンテン」

(C)Disney

ウエスタンランドの「ビッグサンダー・マウンテン」は、熱狂のゴールドラッシュが過ぎて数十年、かつての活気が失われ、今や廃坑寸前となった鉱山が舞台のアトラクション。

機関士のいない鉱山列車が深い峡谷やらせん状の洞窟、そして不吉な坑内を急上昇、 急降下、急旋回しながら猛スピードで走り抜けます。ゲストは荒野の中を縦横無尽に疾走する鉱山列車に乗り、スリル満点の旅を体験します。

「ビッグサンダー・マウンテン」は、東京ディズニーランド開園から4年後の1987年7月4日にオープン。今年オープンから35周年を迎えました。

※「ビッグサンダー・マウンテン」は、第一生命保険株式会社が提供しています

オープン30周年の「スプラッシュ・マウンテン」、“びしょ濡れ MAX”実施中!

(C)Disney

クリッターカントリーの「スプラッシュ・マウンテン」は、8 人乗りの丸太のボートに乗り込み、愉快な冒険へと旅立つアトラクションです。

クライマックスでは、丸太のボートが最大傾斜45度、16メートルの高さから、はじける水しぶきをともなって、一気に落下します。

(C)Disney

「スプラッシュ・マウンテン」は、テーマランド「クリッターカントリー」に、1992年10月1日にオープンしました。オープンから30周年を迎える今年、8月31日までの期間限定で、通常時よりも更にびしょ濡れになるスペシャルバージョン“びしょ濡れ MAX”を実施中です。

(C)Disney

“びしょ濡れ MAX”では、水がかかる仕掛けを追加し、滝つぼに飛び込んだ際の爽快感をよりお楽しみいただけます。

※「スプラッシュ・マウンテン」は、花王株式会社が提供しています

キャストたちも、いろいろな場所でゲストの皆さまにご挨拶をさせていただきます

また、「山の日」を迎える明日、8月11日は、「スペース・マウンテン」、「ビッグサンダー・マウンテン」、「スプラッシュ・マウンテン」のキャストたちも、いろいろな場所でゲストの皆さまにご挨拶をさせていただきます。

今後も東京ディズニーリゾート(R)は進化を続け、ゲストの皆さまにたくさんの笑顔をお届けしてまいります。

※写真はイメージです
(C)Disney

タイトルとURLをコピーしました