HERGスクリーニング市場はCAGR 13%で成長すると予想される

newscast
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

画像 : https://newscast.jp/attachments/37LwsxswqZ4z9MCGEn1L.png


世界のHERGスクリーニング市場では、新薬の承認件数の増加や心疾患の有病率の上昇が主な推進要因となっており、今後数年間で市場規模の拡大が見込まれています。さらに、hERGスクリーニングは主に創薬に使用されています。製品の発売数が増加していることから、今後数年間でhERGスクリーニングの需要が増加すると予測されます。Center for Drug Evaluation and Research(CDER)の年次報告書によると、2016年に販売承認を受けた新薬は25種類だったのに対し、2018年には59種類になると推定されています。このような新薬承認の継続的な増加は、hERGスクリーニング市場の成長を助ける創薬プロセスをサポートすると予想されます。


サンプルページはこちら @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=mai44377


しかし、hERGスクリーニング製品のコストが高いことが、予測期間における市場の成長を妨げると予想されます。しかし、未開拓の市場は、予測期間中、hERGスクリーニング市場の成長に有利な機会をもたらす可能性があります。これらの有望な動きを受けて、世界のhERGスクリーニング市場は健全な成長を遂げ、2020-2026年の予測期間中、約13%のCAGRで推移すると予想されます。


北米は世界のメーカーにチャンスをもたらすと予想される


2019年の世界のhERGスクリーニング市場では、北米が36%以上のシェアを占めていると推定されており、技術開発や国内での心疾患の有病率の高さから、今後も世界的に優位性を保つと予測されています。欧州では、英国、ドイツ、フランス、イタリアなどの先進国の存在に加えて、これらの国の主要企業がhERGスクリーニング市場での新規参入や買収に注力しています。このような要因により、予測期間中、各地域の市場シェアはさらに拡大するでしょう。

しかし、アジア太平洋地域は、中国、インド、韓国などの新興国により、予測期間中に16.1%の高いCAGRでhERGスクリーニング市場が成長すると予想されます。また、これらの国の成長は、いくつかの心疾患の患者数に起因しています。また、これらの国では、心疾患の患者数が多いことから、これらの疾患を治療するための薬剤の処方や開発の必要性が高まっていることも、この地域の将来の成長につながっています。


セクターの概要


hERG(human Ether-à-go-Related Gene)は、カリウムイオンチャネルのαサブユニットであるKv11.1と呼ばれるタンパク質をコードする遺伝因子(KCNH2)です。このイオンチャネル(「hERG」と表記されることもある)は、心臓の拍動を調整する心臓の電気的活動に影響を与えることでよく知られている。さらに、創薬・開発の成長段階にあるhERGスクリーニングは、リード化合物のhERGスクリーニングを行う製薬企業の堅調な成長とともに、バイオテクノロジーや医薬品への応用に役立つ製品を開発する上での課題となっています。このような要因は、今後数年間、世界市場に機会をもたらすと予想されます。

hERGスクリーニングの世界市場のセグメント概要

hERGスクリーニング市場は、タイプ別、イオンチャネル別、アプリケーション別に分類されます。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

タイプ別の展望(遺伝子型KCNH2、変異型KCNH2

イオンチャネル別の展望(電圧ゲート型、リガンドゲート型

アプリケーション別(抗不整脈薬、抗精神病薬、抗生物質、その他


キープレイヤーの紹介


Charles River Laboratories社、Eurofins Scientific社、Merck KGaA社、Cyprotex Limited社、BSYS GmbH社、Creative bioarray社、Metrion biosciences社、Aurora Biomed社などが、世界のhERGスクリーニング市場の調査に含まれる主要プレイヤーです。


レポートの詳細をご覧になるには、サンプルページをダウンロードしてください。@ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=mai44377




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST
タイトルとURLをコピーしました