HTBノンフィクション「夢のあとに -東京五輪は何を残したか-」HTB北海道テレビで10月17日深夜0時25分から放送/コロナ禍での開催に賛否が分かれた東京オリンピック 北海道出身の選手たちは何を感じ、何を得たのか

newscast
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

画像 : https://newscast.jp/attachments/ovVZTUfwYL43XqDILJPr.jpg
HTBノンフィクション「夢のあとに -東京五輪は何を残したか-」(C)HTB


HTB北海道テレビは、10月17日深夜0時25分からHTBノンフィクション「夢のあとに -東京五輪は何を残したか―」を放送します(北海道ローカル)。
新型コロナウイルスの影響で、これまでにない逆風の中行われた東京五輪。開幕前、HTBが行ったアンケートでは約8割の道民が開催に「反対」と答えました。
前代未聞の1年延期・SNSによる誹謗中傷など、これまでにない逆風の中、夢舞台に立ったアスリートたち。
そこで北海道出身の選手たちは、何を感じ、何を得たのか?

バドミントンの永原和可那選手は、「スポーツ自体の見方が変わった」と話します。
マウンテンバイクの山本幸平選手は、集大成として位置付けていた東京五輪の延期が決まった時、「心に穴が空いた」と私たちに打ち明けました。
陸上の小南拓人選手は、「出場しようとすることが正しいのか」葛藤していました。

様々な思いを抱えながら、夢の舞台に立ったアスリート。
大会前のリモート取材や、五輪中の世の中の動き、大会後、改めて行った選手へのインタビューなどをもとに、「東京オリンピックは何を残したのか?」を振り返ります。


HTBノンフィクション : https://www.htb.co.jp/hn/log/2021/10171541/


画像 : https://newscast.jp/attachments/qbs5uFZlb4NmcCwdqdpx.jpg
HTBノンフィクション「夢のあとに -東京五輪は何を残したか-」金井大旺選手(C)HTB


画像 : https://newscast.jp/attachments/rEFzq7i9wZ8FqxlWNeD0.jpg
HTBノンフィクション「夢のあとに -東京五輪は何を残したか-」金井大旺選手(C)HTB


■番組名:HTBノンフィクション「夢のあとに ―東京五輪は何を残したか―」


■放送日時: 2021年10月17日(日)深夜0時25分~0時55分(北海道ローカル)


■出演者:


金井大旺(陸上・男子110mハードル)
山本幸平(自転車・男子マウンテンバイク)
北口榛花(陸上・女子やり投)
寺田明日香(陸上・女子100mハードル)
町田瑠唯(バスケットボール女子)
永原和可那・松本麻佑(バドミントン・女子ダブルス)
東野有紗(バドミントン・混合ダブルス)
小南拓人(陸上・男子やり投)  ほか


■ナレーター:


土屋まり(HTBアナウンサー) 


■制作スタッフ:


ディレクター: 太田明生
音効: 小﨑悠平
編集: 菊地珠未
プロデューサー : 谷口直樹


■番組ホームページ:https://www.htb.co.jp/hn/log/2021/10171541/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST
タイトルとURLをコピーしました