Makuake達成率3,000%超え!多機能薪バサミ「炎群 homura」一般発売開始

atpress
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
株式会社MAC(本社:岐阜県恵那市、代表取締役:林 拓也)は、自社アウトドアブランドLGASIAの新商品となるキャンプ用多機能薪バサミ「炎群 homura」の一般発売を、2021年9月1日より公式オンラインストアにて開始しました。

発売に先駆け、株式会社マクアケが運営するアタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」において、2021年4月12日より先行予約販売を開始し、プロジェクト開始後わずか8時間で目標金額100万円を達成、プロジェクト終了日の5月30日には、目標の3,020%(総額9,060,810円)を突破した製品です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/274158/LL_img_274158_1.jpg
多機能薪バサミhomura

【製品概要】
商品名 :多機能薪バサミ「炎群 homura」
製品タイプ :ヒノキ、漆、赤漆の3タイプ
一般販売価格 :ヒノキ 9,900円(税込)/漆、赤漆 12,100円(税込)
本体サイズ :約54cm
本体重さ :約0.5kg(本体)
機能拡張オプション:フック、灰かき

LGASIA公式オンラインストア
https://lgasia.net/
Makuakeプロジェクトページ
https://www.makuake.com/project/lgasia-homura/


【機能と特徴】

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/274158/LL_img_274158_5.jpg
火吹き機能

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/274158/LL_img_274158_10.jpg
使用の様子

空気を送る火吹き棒の機能と、薪を操作する火バサミ機能を兼ね備えた薪バサミに、オプションのフックと灰かきを装着することで、引っ掛ける機能とかき出す機能が加わります。金属加工専門職人たちが全てハンドメイドで製作。

1. 火吹き
焚火を楽しむ時にあると役に立つ、火吹き棒の機能。狙ったところにピンポイントで空気を送れて、火種を付けたり火力を上げたりが簡単にでき、灰の舞い上がりも防げます。

2. 火バサミ
先端部には大きめのギザギザを施しているため、太い薪から細かな枝までしっかり掴める構造。長さ約54cmと少し長めの作りのため、椅子に座りながら火いじりを楽しめます。

3. 割る
炭化した薪は、先端部を使って叩くことで簡単に割ることが可能。

4. フック
オプションのフックを装着すると、ダッチオーブンの持ち手を引っ掛け移動させたり、蓋の開閉に利用可。

5. 灰かき
オプションの灰かきを装着することで、キャンプ用の小型ピザ窯や、小型の薪ストーブなどでも活躍。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/274158/LL_img_274158_3.jpg
フックオプション装着時

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/274158/LL_img_274158_4.jpg
灰かきオプション装着時
▲オプション装着時


【3種のグリップ】
グリップ部には、東濃ヒノキを使用。木目が際立つシンプルなウレタン塗装、時間が経つにつれて味が増す天然塗料の漆/赤漆を用意しました。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/274158/LL_img_274158_12.jpg
グリップ3種

▲左:スタンダード 中央:赤漆 右:漆


【会社概要】
岐阜県恵那市に営業所を置き、“こんなものあったらいいな。こんなことできないかな?”というお客様の声を形に、日頃は機械・冶具の開発、設計、製作等を行っています。

『金属加工業という業者で、普段の生活に溶け込む、みんなに使ってもらえるそんな自社商品はできないものか。』という思いと、社員皆がキャンプや登山好きなことから、ソロキャン・家キャン用品の開発・販売を開始、2021年からアウトドア用品ブランド「LGASIA(ルガシア)」をスタート。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
タイトルとURLをコピーしました