Raccoon Rascal 45th Anniversary 今年、あらいぐまラスカルは放送45周年を迎えました 2022年はアニバーサリー企画を多数実施予定!

newscast
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

日本アニメーション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石川和子)がアニメーション制作・ライセンス管理を行う『あらいぐまラス力ル』は、2022年1月に放送45周年を迎えました。2022年を「あらいぐまラスカル45周年イヤー」とし、今後アニバーサリーをお祝いする企画を多数実施いたします。

1977年に「世界名作劇場」シリーズの3作目として放送された『あらいぐまラスカル』。アメリカ・ウィスコンシン州を舞台に、主人公のスターリング少年とあらいぐまの「ラスカル」が共に過ごした1年間を描いたアニメーション作品です。「あらいぐまラスカル45周年イヤー」では、これまで『あらいぐまラスカル』を応援して下さったファンの皆様へ感謝を込めて、アニバーサリー企画を多数ご用意しておりますのでお楽しみに!


画像 : https://newscast.jp/attachments/ZPsJDc0FNxz9W90sBrcK.png


45周年記念アートについて


「あらいぐまラスカル45周年イヤー」にあたり、新アート「クラシックデザイン」を作成しました。アニメ『あらいぐまラスカル』に登場する「ラスカル」やモチーフをイメージした、ノスタルジックな雰囲気が漂うアートです。「クラシックデザイン」を使用したアイテムは、放送当時作品をご覧いただいていた方々に向けて大人向けに展開いたします。

2022年夏には、「クラシックデザイン」を使用したアイテムを中心に取り扱う『あらいぐまラスカル』の物販イベントを東京で開催。その後、同物販イベントは全国を巡回していく予定です。


画像 : https://newscast.jp/attachments/cUxo1fzQJYIkcFO2ZwK4.png


My little Rascal Artwork by Mai Ishikawa について


「あらいぐまラスカル45周年イヤー」を記念して、版画家・石川真衣氏による『あらいぐまラスカル』の作品「My little Rascal Artwork by Mai Ishikawa」を、2022年1月12日(水)から1月22日(土)の期間、AL(所在地:東京都渋谷区)で開催される石川氏の個展「Dance Macabre」にて展示・販売いたします。

石川氏は『あらいぐまラスカル』の大ファンとしても知られており、「『あらいぐまラスカル』は憧れの暮らしそのもの」といいます。私生活では、ゴールデンレトリバーとアヒルと共に暮らしており、いつも版画と動物たちの話題に溢れているInstagramアカウントも人気を集めています。

「My little Rascal Artwork by Mai Ishikawa」 について、「アニメ番組の『あらいぐまラスカル』へのリスペクトを込め、よりアライグマに近いラスカルを描きました」という石川氏。約3ヶ月を費やして作画し、版を作り、また通常4色を重ねているリトグラフ表現に今回は7色まで重ねる方法をとって美しく記念すべきアートワークに仕上げました。

今回、初めてアニメキャラクターに挑戦した石川氏と、初めて版画になった『あらいぐまラスカル』。両者の世界観が融合した作品にご注目ください。なお今後各種イベントやグループ展などでも紹介・販売される予定です。


●Dance Macabre 開催概要
会期: 2022年1月12日(水)~1月22日(土)
会場: AL
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-7-17
時間: 12:00~19:00 ※最終日のみ18:00まで ※会期中無休
問合せ先: 03-5722-9799

●石川真衣 プロフィール
1988年、埼玉県生まれ。
2013年、多摩美術大学大学院卒業。
幼い日々の感受性を視点とする世界観や、亡き愛犬との交流をテーマにリトグラフやシルクスクリーンによるアートを制作。
構想スケールの大きさや刷り感の美しさで、版画界の期待の新鋭として注目されるようになった。
全国のギャラリー、インテリアショップにて作品の展示、販売を中心に活動中。
テレビやラジオ、雑誌でも多く紹介され、アパレルとのコラボレーション、商業パッケージ、プロダクトデザインなども手がけている。
2021年より、多摩美術大学にて非常勤講師。
「あらいぐまラスカル」の大ファンとしても知られる。


画像 : https://newscast.jp/attachments/kFNyCcHwyJplYE1Igbka.png


「歌舞伎」とのコラボレーションについて


「あらいぐまラスカル45周年イヤー」を記念して、松竹株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:迫本淳一)演劇ライツ部監修のもと「歌舞伎」と『あらいぐまラスカル』のコラボレーションが決定しました。

コラボレーションにあたり、異なるテイストのコラボレーションアートを2種類作成。アニメ『あらいぐまラスカル』とのコラボレーションアートは、蝶や隈取、傘など今回取り上げた「歌舞伎」の演目・人物にちなんだモチーフをちりばめ、深みのある仕上がりになりました。今後、コラボレーションアートを使用したグッズ展開も予定しております。


画像 : https://newscast.jp/attachments/6ytGQarHRZPx69f4zen8.png


コラボカフェ実施について


2022年夏、宮古島のカフェ&ホテル「LOCAL BASE」(所在:沖縄県宮古島市、運営:株式会社ライテック)と『あらいぐまラスカル』によるコラボレーションカフェの実施が決定いたしました。カフェ内では、アニメの設定画などの展示も予定しております。実施期間などの詳細は、随時公式Webサイト・各SNSにてお知らせいたします。


画像 : https://newscast.jp/attachments/VCs6Ias0W812xuVygsgj.jpeg
「LOCAL BASE」外観


世界名作劇場×フェリシモ コラボアイテムの販売について


「世界名作劇場」シリーズと株式会社フェリシモ(本社:神戸市中央区 代表:矢崎和彦)によるコラボレーションアイテム第2弾のWeb販売を好評発売中です。

第1弾に登場した「赤毛のアン」・「あらいぐまラスカル」・「ロミオの青い空」・「フランダースの犬」に加えて、第2弾では新たに「小公女セーラ」や「愛の若草物語」が加わりました。セーラになりきれるワンピースやケープ、懐かしの名シーンを身にまとえるスカーフ、マスクをしたラスカルのマスクケースなど、大人になった今だからこそ楽しめるアイテムがそろっています。自分用としてはもちろん、ちょっとした贈り物にも選べるラインナップです。

●商品の詳細とお申込み: https://feli.jp/s/pr211215kr/1/
●お電話でのご注文・お問い合わせ:
0120-055-820(通話料無料)
0570-005-820(通話料お客さま負担)
(受付時間:月曜~金曜/午前9時~午後5時)
※携帯電話など「0120」を利用できない場合は、「0570」で始まる番号をお使いください。
※お客さまからのお電話は、ご注文の内容を確認・記録するために録音させていただいております。
※「0570」通話料は20秒につき10円(税別)かかります。
※PHS・一部のIP電話ではご利用できない場合があります。


画像 : https://newscast.jp/attachments/3tBbfNx3mOzNozL9au6L.jpg


参考資料


『あらいぐまラスカル』とは


1977年に「世界名作劇場」シリーズの3作目として製作・放送。
アメリカ・ウィスコンシン州を舞台に、主人公のスターリング少年とあらいぐまの「ラスカル」が共に過ごした1年間を描いたアニメーション作品です。
『あらいぐまラスカル』は、2022年1月に放送45周年を迎えました。

■「ラスカル」の最新情報はこちらから
  Webサイト:https://www.araiguma-rascal.com/  
  Twitter:https://twitter.com/Rascal_tweet
  Facebook:https://www.facebook.com/meisakugekijou/
  公式LINEアカウント  「@rascal」で検索


画像 : https://newscast.jp/attachments/J4BmZ1OH19faLmum6Sn7.png




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST
タイトルとURLをコピーしました