SSMRビジネス推進コンソーシアム、「空間音響MR(R)」を活用したVoiCineWalk(R)ホラーコンテンツ「ヒトガタの村」を熊本県高森町で開始

atpress
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
SSMRビジネス推進コンソーシアム( https://ssmr.jp 、注1) のパートナーである株式会社クマモトコミュニケーションズは、地域活性化の推進を図ること目的に「空間音響MR(R)(Space Sound Mixed Reality、以下SSMR)」を活用したサービスを提供します。本サービスは、日本電気株式会社(以下 NEC)のSSMRのプラットフォームと有限会社ル・スポールが制作したコンテンツを活用し、熊本県高森町観光交流センターにて2021年10月1日から提供開始します。

SSMRビジネス推進コンソーシアムでは、専用イヤホンから流れる音声と、スマートフォンを活用したAR映像を組み合わせることで、現実世界の風景とバーチャル空間を融合させた観光ガイドなど空間音響MR(R)サービス事業を推進しています。今回は、ホラーと謎解きが融合したコンテンツとなっています。

本サービスは利用者個々のスマートフォンの位置情報に基づいて音声ガイドが流れるため、集団での行動を避けながら観光名所を巡ることが可能となっており、New Normal時代の観光スタイルを実現します。また、デジタル技術の活用により地域の観光資源に新たな価値を加えることで、観光産業や地域経済の活性化に貢献します。

SSMR(R)は、NEC独自技術である音源を空間に仮想的に固定する音響定位技術を活用しています。顔の向きに合わせて一定の方向から音が聞こえるため、周囲のモノから実際に語り掛けられているような効果を演出することができます。また、仮想的なエリアに境界を作るジオフェンスを独自ノウハウに基づき設定し、利用者の詳細な位置情報や動きに基づいて音声コンテンツの起動タイミングを制御します。さらにAR映像を組み合わせることで、現実世界の風景とバーチャル空間が融合した新たな体験を実現します。

本事業の概要
・コンテンツ名 :ヒトガタの村
・実施場所 :高森町観光交流センター
・サービス開始日:2021年10月1日
・利用料金 :1,000円

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/278780/LL_img_278780_3.jpg
ヒトガタの村

SSMRビジネス推進コンソーシアムは6社の幹事会社(注2)とともに2020年2月に設立され、SSMRを活用したサービス導入を進めています。今後も、SSMRを活用した多様なサービスを全国の観光名所などに展開し、地域の活性化に貢献します。


(注1):地域活性化に貢献する「空間音響MR」サービス事業促進のためコンソーシアムを設立、第一弾として香川県「善通寺」でサービス実証を開始
https://jpn.nec.com/press/202002/20200204_01.html
(注2):日本電気株式会社、株式会社コアミックス、総合商研株式会社、一般社団法人日本地域情報振興協会、株式会社フレッシュハーツ、有限会社ル・スポール


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
タイトルとURLをコピーしました